秦野版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

寒さに負けず「石売り」に 西大竹の小学生が民家巡る

文化

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena
笑顔で石売りに向かう子どもたち(東町)
笑顔で石売りに向かう子どもたち(東町)

 秦野市西大竹で1月8日、東(あずま)町と開戸(かいど)町の子どもたち約20人が地域の伝統行事「石売り」を行った。石売りは、明治時代中頃から始まったとされ、男児が正月飾りを回収しながら道祖神石塔や五輪塔、手作りのお札を売り歩く行事。石を買った家の子どもに病気や災いが起きないといわれている。石は、東町では数百円、開戸町では数千円で売られ、売上はお札作り等の経費や子どもたちの小遣いになる。

 今回場を仕切る「大将」を務めたのは、東町では南が丘小6年の小形(おがた)健史郎君、開戸町では同小6年の近藤瑞樹君。小形君は「伝統行事を守る地域代表として皆で楽しみたい」、近藤君は「大将として失敗がないように頑張りたい」とそれぞれ意気込んで出発した。

 お昼から夕方頃にかけて「お札いかがですか」「石もあります」と各家へ。道中で「家にはもう来てくれた?」と声をかけられる場面も。「待ってくれている人もいて嬉しかった」と小形君。近藤君は「怪我なく、石も完売してほっとした」と振り返った。

 売った石はどんど焼きが終わった15日に元の場所に戻された。

秦野版のローカルニュース最新6

合格願うお米今年も

合格願うお米今年も 社会

じばさんずで祈願祭

12月3日号

除菌スプレーを寄贈

飲食店組合

除菌スプレーを寄贈 社会

戸川の松下園に

12月3日号

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック 文化

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月3日号

写るん会写真展

犯罪に強いまちづくり、交通死亡事故ゼロめざして

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に

【web限定記事】秦野西小、西中学校出身の塗装技能士・綾部淳さん

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に 社会

今年度「かわさきマイスター」の認定受ける

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook