秦野版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

全日本大学バスケットボール選手権で優勝した東海大学「SEAGULLS」のキャプテン 内田 旦人(あきと)さん 平塚市在住 22歳

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena

切り替えの器用な牽引者

 ○…「日本一になってほっとした」と安堵の笑顔。昨年12月に行われた全日本大学選手権で、5年ぶり5度目の優勝を果たした。これまで順風満帆に全て勝ってきたわけではなかったという。「キャプテンとして一人で抱え込まずにできたのは、部員の支えがあったから」。全員で思いを一つにして掴んだ全国優勝は、今までで一番の思い出になった。幼稚園の頃から続けているバスケだが、全国の頂点に立ったのは初めて。勝利が決まり、紙ふぶきがヒラヒラと舞い降りてきた瞬間が今でも目に焼き付いている。

 ○…北海道出身、4人兄弟の3番目。小学校低学年の頃、親戚一同でよくキャンプに行っていた。「大きいバケツいっぱいのトマトを川で冷やして、一人で全部平らげていた。今となってはそんなに好きじゃないんですけど」と笑う。最近は甘いものが好きで、大学近くのクレープ屋に頻繁に通う。「すぐ甘いものを食べるから、部のコーチに制限されていた」という程、無類の甘党だ。

 ○…息抜きは、部屋掃除。掃除すると、気持ちがリセットされるという。バスケ中にも、持ち前の切り替えが発揮される。プレー中はあまり笑ったりせず、キャプテンとして怒ることもあるとか。しかし、オフの時には部員を驚かせたり、いたずらしたりとやんちゃな一面も。「自分らしいやり方として、オンオフをきっちりして頼れる先輩になろうと思った」ときりりと話す。

 ○…ずっと続けてきたバスケだが、嫌だと思うことは一度もなかったという。「小さい頃からシュートが好きで。ネットを揺らす音が良い。それが喜びで続けてこられた」と目を細めた。将来の夢は、プロ選手になること。「長い期間、活躍できる選手になりたい」と目が輝いた。

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

守屋 真一さん

秦野市内の魅力を再発見するイベントを企画している

守屋 真一さん

柳川出身 31歳

10月22日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook