秦野版 掲載号:2019年1月25日号
  • LINE
  • hatena

地震時の情報伝達を確認 秦野市議会が対策訓練

政治

職員が地図に書き入れた通行止め箇所を確認する正副議長(左)
職員が地図に書き入れた通行止め箇所を確認する正副議長(左)
 秦野市議会は1月19日、「防災とボランティア週間」にあわせて災害時等対策訓練を行った。市議会では2017年4月に災害時等行動マニュアルを策定し、これに基づき同年8月に訓練を実施。前回の反省点を踏まえ、2回目の今回は災害対策会議を正副議長室に一元化して行われた。

 当日は市内で震度7の地震が発生し、市災害対策本部が設置されたと仮定。午前9時、阿蘇佳一議長と山下博己副議長のほか議会事務局職員4人が集まり、「災害等対策会議」を設置した。

 その後、各議員に配布されているタブレット端末を活用し、安否確認メールを一斉送信。返信メールで議員の状況等を確認したほか、返信がない議員には電話で安否確認をするなどの訓練が行われた。そのほか、議員から寄せられた情報を市災害対策本部に報告し、本部から得た通行止めなどの道路状況、ライフラインなどを情報提供メールとして配信する手順なども確認した。また、今回はテレビからも情報を得られるようテレビチューナーを導入。タブレット端末に接続し、電波状況なども確認した。

 全議員の安否確認が取れた時点で訓練は終了。阿蘇議長は「今年も災害の年になる可能性が高い。連携を取っていきましょう」と話した。市議会では今後、会派の代表者会議等で振り返りを行い、必要に応じてマニュアルの見直しなども行う予定。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本作家として新境地へ

絵本作家として新境地へ

舘野さん 新作「はっぱのうえに」を発売

3月2日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク