秦野版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

子どもの体力、向上傾向に 全国調査の結果を公表

教育

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 全国の小中学校の子どもを対象に行われた2018年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」結果がこのほど公表され、秦野市は県・または全国の平均値を上回る項目が昨年度より増加した。

 これは年に1回、国が実施しているもので、小学5年生と中学2年生を対象に、柔軟性や持久力など8項目を調査している。

 小学5年生の男女の体力合計点は、男女ともに全国の平均値を下回ったが、13年度から上昇傾向にあり、過去6年間で最高点となった。中学2年生の体力合計点は、女子が県の平均値を上回り、男子は県の平均値には及ばなかったものの、その差はわずかで、17年度よりも上昇した。

 秦野市は17年度から、子どもたちの体力向上に向けた取り組みとして、外部の専門家による「体力向上サポーター」を導入している。県の体力向上サポーター派遣事業を活用し、16年秦野市に誕生した女子バスケットボールクラブ「Vamo(バモ)S(ス)秦野」(信重奈美代表)から指導者やトレーナーを学校に招き、体育の授業での指導や支援を受けている。言葉だけではなく手本を見せるなど実技を重視した授業が特徴だ。「運動をしたくない子がしたいと思うような指導を心がけている」と信重さんは話す。

 サポーターの取り組みは、17年度は大根小のみで実施され、同校は16年度より体力合計点が男子は9・18ポイント、女子は5・94ポイント上昇した。そこで18年度は、南、北、大根、南が丘、鶴巻小の5校に拡大したところ、18年度は同5校の体力合計点の平均が17年度より女子は2・72ポイント、男子は2・66ポイント上昇した。「専門的な体力向上に向けた取り組みと子どもたちのやる気を引き出す指導方法が結果に結びついているのでは。また、外部講師という刺激が良い効果になったのだと思う」と秦野市教育委員会では分析する。「今後も子どもたちの体力向上に向け取り組んでいきたい」と話している。

秦野版のトップニュース最新6

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

秦野にロープウェイ!?

秦野にロープウェイ!? 経済

市がベンチャー企業と協定

7月9日号

市内一部に被害

東海・関東豪雨

市内一部に被害 社会

土砂災害等に今後も警戒

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter