秦野版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

第1回3月定例会 議会活動報告 行き過ぎた「行革」にブレーキを一般会計予算案に、対案を示して反対 市議会議員 古木勝久

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

 平成31年度の施政方針は、理念や目的、事業の紹介だけではなく、具体の数値や期日などが盛り込まれ、新規事業では生活者視点に立った内容が見られ、高く評価したいと思います。

 一方、行政の基本になる「計画行政」のあり方や「行革」の進め方については、対案を示して反対しました。反対理由は次のとおりです。

■不透明な「(仮)公共施設保全計画」

 「(仮)公共施設保全計画」の策定に向け、約2523万円をかけてコンクリート劣化度調査が実施される。そもそも「計画」は目的もなく、全容が明らかになっていない。まず年次計画や年次予算、目標等、その計画の骨子を定めるべきである。

■図書館の「行革」に喝(1)拙速な移動図書館の廃止

 社会教育の象徴の一つである移動図書館を、行政の都合で「スクラップ」にしようという考え方は文化を感じない。費用対効果、「選択と集中」で廃止を決めたということであるならば、その費用効果、費用便益を市民に説明すべきである。

 利用者の多い大根・鶴巻地区等は課題である。せめて天然ガス・ステーションが閉鎖する9月まで巡回すべきである。

(2)拡大する窓口業務等の委託

 この12年間、図書館全般の事業を民間にほぼ丸投げしている。以前、現状の委託は法律が禁止している事項に抵触しているのではないかと指摘した。

 新年度予算は逆走するように、31%アップ、約1千万円増である。現在の委託を見直しし、柔軟で効率的な図書館運営をめざすことを求めた。



 一般質問では2項目、(1)救急出動体制(2)図書館運営、また新年度予算を審査する予算決算常任委員会では9項目にわたって質問をしました。

 次回の議会活動報告は第2回6月定例会終了後を予定しています。

■古木勝久ブログ⬅検索「議会報告NO. 26」や議会活動等を公開中

【携帯電話】090・6010・7129
 

古木勝久議員

秦野市南が丘2-2-22-203

http://a-n.co.jp/furuki/katsuhisa.html

秦野版の意見広告・議会報告最新6

すべてを優先させることはすべてを中途半端にすること

3月定例会議会報告

すべてを優先させることはすべてを中途半端にすること

秦野市議会議員 伊藤 大輔

4月10日号

切れ目ない子ども・子育て支援を命を守る連携 図書館システムの改善

第1回3月定例会 議会報告

切れ目ない子ども・子育て支援を命を守る連携 図書館システムの改善

文教福祉常任委員会 委員 古木勝久

4月3日号

コロナウイルス蔓延に係る経済振興策は待ったなし!

議会報告

コロナウイルス蔓延に係る経済振興策は待ったなし!

神奈川県議会議員 加藤ごう

3月27日号

「市民クラブ」議会報告

秦野市議会会派

「市民クラブ」議会報告

3月27日号

鳥獣被害対策の不適切な事務処理公立・公的病院の再編・統合!?

第4回12月定例会 議会報告

鳥獣被害対策の不適切な事務処理公立・公的病院の再編・統合!?

市議会議員 古木勝久(3期目)

1月10日号

「この国の未来は僕ら市民一人ひとりが創るもの」

意見広告

「この国の未来は僕ら市民一人ひとりが創るもの」

なんつッ亭大将 古谷一郎

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク