秦野版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

2019年地価公示 工業地が2年連続上昇 住宅地と商業地は下落傾向に

経済

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

 国土交通省は2019年1月1日時点での地価公示を発表した。これを元に神奈川県が公表した資料によると、秦野市内の住宅地と商業地は依然として下落が続いている一方、工業地は昨年から変動率がプラスに転じており、今回も調査地点全てで価格が上昇した。

 同省では一般の土地取引価格の指針として、毎年1回、1平方メートルあたりの標準値の正常な価格(公示価格)を公表している。

 秦野市内を見ると、工業地は昨年、変動率が横ばいからプラスに転じ、今調査でも3調査地点全てで価格が上昇。平均変動率は1・0%(前年0・6%)で、平均価格は5万3900円(前年5万3300円)となった。調査地点のうち「曽屋字曽屋原93番2外」は変動率が1・2%(価格5万8000円)となり、今調査では市内で最も上昇した調査地点になった。市総合政策課は「上昇の要因は不明」としながらも、「2020年度予定の新東名高速道路開通に向け、市では企業誘致や産業振興、観光振興を積極的に推進しており、地価の上昇は前向きに感じている」と話す。

 一方で、下落が続いているのが住宅地と商業地だ。住宅地は、35調査地点の平均変動率がマイナス2・4%(前年マイナス2・3%)と下落傾向にある。平均価格は8万6100円(前年8万8200円)。住宅地の最高額は「清水町941番36」で11万1000円(前年11万3000円)、変動率はマイナス1・8%となった。

 商業地では、下落率が県内ワースト7位となった前回から持ち直し、6つの調査地点の平均変動率はマイナス1・4%(前年マイナス1・6%)、平均価格は15万2800円(前年15万5200円)となった。商業地の最高額は、前年に引き続き東海大学前駅付近の「南矢名1丁目2317番3」で、価格は22万円(前年22万5000円)、変動率はマイナス2・2%となっている。

 このほか、林地の標準地(1地点)「蓑毛字餅畑765番3外」は、価格が1380円(前年1390円)で変動率はマイナス0・7%だった。

商業地最高額の東海大学前駅付近
商業地最高額の東海大学前駅付近

秦野版のトップニュース最新6

秦野赤十字に救急拠点

秦野市

秦野赤十字に救急拠点 社会

救命率の向上目的に

4月10日号

地域経済牽引事業に承認

共栄製作所

地域経済牽引事業に承認 経済

国内2社目の「ころ」一貫生産へ

4月10日号

「コロナ感染症」に負けるな

疲弊する市内経済

「コロナ感染症」に負けるな 経済

商店会が独自に対策

4月3日号

秦野丹沢まつり中止に

秦野丹沢まつり中止に 文化

3.11以来2度目、コロナ影響

4月3日号

小規模特認校スタート

上小学校

小規模特認校スタート 教育

初年度は6人が制度利用

3月27日号

秦野初の真打が誕生

春風亭一左さん

秦野初の真打が誕生 文化

ふるさと大使にも就任

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク