秦野版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

4月の県議会議員選挙で初当選を果たした 加藤 剛さん 新町在住 46歳

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

「実直で誠実」が武器

 ○…秦野市議を辞し、4月に行われた県議会議員選挙へ初挑戦。1万9千票を獲得し、初当選を果たした。まずは久保寺邦夫県議の後継として、急傾斜地の危険個所整備などを引き継いだ上で、これまで自身が訴えてきた子育て支援、学力向上、健康寿命の延伸などに取り組んでいく。「期待票を入れて頂いた方々に、仕事で恩返しをしたい」と意気込みを語る。

 ○…故郷の秦野については「自然が残りつつ利便性もあり、バランスのとれた良いまち」と話す。南小・南中、小田原高校の出身。当時から実直な性格で、学級委員長や生徒会長を務めるなどリーダーシップを発揮していた。日本大学を卒業後、企業に就職。上海勤務などを経験したのち、父の会社を継ぐため27歳で秦野へ戻った。政治家を志したきっかけは秦野青年会議所での活動。「仲間と汗をかき、事業が成功したとき、まちづくりの魅力に気付いた」という。

 ○…昔から物事を俯瞰し、慎重に「準備万端、用意周到」を目指す性分。誠実さを重んじるからこそ「失敗したら…」と不安に苛まれることもあるが、幻冬舎の創業者・見城(けんじょう)徹氏の「朝起きたときに3つ憂鬱な事がないと不安になる(憂鬱から逃げない仕事が成果を生む)」という言葉に勇気をもらったという。「自分もこれでいいんだと思えた」

 ○…子どもの頃から運動が好き。「弱そうな名前で強くなったら面白いね」と仲間と作った草野球チーム「KTGフニャラコス」は市のリーグ戦で準優勝した事もあった。バドミントンやゴルフなども趣味だが、山岳部に入った高校生の息子と丹沢を登るのが今の夢。選挙戦を支えてくれた家族へ感謝の想いは強い。「周りから『これだけ協力的で理解を示してくれる奥さんはいないよ』と言われる」と笑顔で話した。

秦野版の人物風土記最新6

川崎 文雄さん

7月15日に知的障害児(者)にカヌー無料体験教室を開催する

川崎 文雄さん

堀山下在住 70歳

7月12日号

石川 又一郎さん

市内外の歴史的遺物の拓本をとり新たな歴史の発見に努める

石川 又一郎さん

桜町在住 77歳

7月5日号

丸山 清江さん

2019年度神奈川県県民功労者表彰を受賞した

丸山 清江さん

鶴巻南在住 70歳

6月28日号

近藤 剛さん

秦野商工会議所工業部会令和経営分科会の会長に就任した

近藤 剛さん

上今川町在住 65歳

6月21日号

市川 満典さん

7月の「ヌルスルタン世界選手権大会」パラパワーリフティングに出場する

市川 満典さん

南矢名在住 45歳

6月14日号

丸山 千歳さん

対面朗読ボランティア「春の風」の代表を務める

丸山 千歳さん

菖蒲在住 69歳

6月7日号

六本木 康さん

秦野パサデナ友好協会会長に就任した

六本木 康さん

西大竹在住 68歳

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク