秦野版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

「山モリ!フェス」10月に 猛暑や台風のリスク避け

スポーツ

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
秦野戸川公園で行われた昨年の山モリ!フェス
秦野戸川公園で行われた昨年の山モリ!フェス

 2017年と2018年の2年連続、「山の日」に合わせて8月11日と12日に県立秦野戸川公園で開かれてきた「TANZAWA山モリ!フェス」が今年は10月5日(土)・6日(日)に開かれることが分かった。

 「山モリ!フェス」は山や自然を体験できる展示やアクティビティを展開するアウトドアイベント。2016年に、「世界一登山者数の多い山」と言われる高尾山で初めて開かれた。2017年には、都心からのアクセスが良好であることなどを理由に丹沢へ会場を移し、秦野戸川公園で開催。1万7千人が来場した。さらに昨年は1万3千人が来場。今回が4回目の開催となる。

 主催の株式会社山と溪谷社(川崎深雪代表取締役社長)=東京都千代田区=によると、夏季開催では異常気象による急な雨風や台風、猛暑による熱中症のリスクがあるとし、それらを考慮して秋開催に移行することを決めたという。

今年も企画がもりだくさん

 同公園は渋沢駅からバスで15分、徒歩で1時間ほど。同社では、駅から時間がかかることを逆手に取り、スマートフォンのアプリ「ヤマスタ」を使ったスタンプラリーをこれまで企画してきた。今回はイベントに先駆け、8月11日の「山の日」からスタンプラリーを予定。条件を達成してイベント当日に来場すると、限定ピンズがもらえるという。

 今年のイベントでは、例年同様、著名人によるトークイベント、ネイチャーツアー、登山講習会、エベレスト登山のVR体験、ボルダリング体験など山や自然を学び、遊び、体感できる登山に関するアクティビティが多く企画されている。また、アウトドア料理体験やアウトドアブランド出展も予定されている。時間は午前8時から午後4時。入場無料(一部有料プログラムあり)。

 山と溪谷社の担当者は「リスクの少ない季節に行うことで、今年は体験型コンテンツをさらに充実させることが可能となる」と話している。

秦野版のトップニュース最新6

ジビエ料理の魅力を紹介

秦野商議所観光飲食部会

ジビエ料理の魅力を紹介 経済

第一人者招きセミナー

2月21日号

秦野の桜情報を発信

秦野の桜情報を発信 政治

特設ページを公開

2月21日号

新プロジェクト始動

NPO法人丹沢を愛する会

新プロジェクト始動 社会

地域と自然繋ぐまち興し

2月14日号

復旧9月末めざす

市道18号三廻部

復旧9月末めざす 社会

台風19号での陥没道路

2月14日号

児童生徒の体力向上傾向

児童生徒の体力向上傾向 教育

全国調査の結果明らかに

2月7日号

低樹八重桜で安全収穫へ

低樹八重桜で安全収穫へ 社会

全国初ジョイント栽培始動

2月7日号

本線完成にあわせ開通

新東名高速道路スマートIC

本線完成にあわせ開通 社会

2021年度の見通し

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

国際女性デーに合わせ講演

国際女性デーに合わせ講演

3月9日 本町公民館で

3月9日~3月9日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク