秦野版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

「山モリ!フェス」10月に 猛暑や台風のリスク避け

スポーツ

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
秦野戸川公園で行われた昨年の山モリ!フェス
秦野戸川公園で行われた昨年の山モリ!フェス

 2017年と2018年の2年連続、「山の日」に合わせて8月11日と12日に県立秦野戸川公園で開かれてきた「TANZAWA山モリ!フェス」が今年は10月5日(土)・6日(日)に開かれることが分かった。

 「山モリ!フェス」は山や自然を体験できる展示やアクティビティを展開するアウトドアイベント。2016年に、「世界一登山者数の多い山」と言われる高尾山で初めて開かれた。2017年には、都心からのアクセスが良好であることなどを理由に丹沢へ会場を移し、秦野戸川公園で開催。1万7千人が来場した。さらに昨年は1万3千人が来場。今回が4回目の開催となる。

 主催の株式会社山と溪谷社(川崎深雪代表取締役社長)=東京都千代田区=によると、夏季開催では異常気象による急な雨風や台風、猛暑による熱中症のリスクがあるとし、それらを考慮して秋開催に移行することを決めたという。

今年も企画がもりだくさん

 同公園は渋沢駅からバスで15分、徒歩で1時間ほど。同社では、駅から時間がかかることを逆手に取り、スマートフォンのアプリ「ヤマスタ」を使ったスタンプラリーをこれまで企画してきた。今回はイベントに先駆け、8月11日の「山の日」からスタンプラリーを予定。条件を達成してイベント当日に来場すると、限定ピンズがもらえるという。

 今年のイベントでは、例年同様、著名人によるトークイベント、ネイチャーツアー、登山講習会、エベレスト登山のVR体験、ボルダリング体験など山や自然を学び、遊び、体感できる登山に関するアクティビティが多く企画されている。また、アウトドア料理体験やアウトドアブランド出展も予定されている。時間は午前8時から午後4時。入場無料(一部有料プログラムあり)。

 山と溪谷社の担当者は「リスクの少ない季節に行うことで、今年は体験型コンテンツをさらに充実させることが可能となる」と話している。

秦野版のトップニュース最新6

溶接のテーマパーク誕生

株式会社コイズミ

溶接のテーマパーク誕生 経済

職人が指導、誰でも利用可

5月14日号

総額1.8億円を還元

総額1.8億円を還元 政治

秦野市 クーポン券事業17日から

5月14日号

メインガーデン手掛ける

(株)恵庭今井浩さん

メインガーデン手掛ける 文化

横浜のローズフェアで

5月7日号

「母の日」前に出荷ピーク

「母の日」前に出荷ピーク 社会

市内のカーネーション農家

5月7日号

卒業生が横断幕制作

南が丘小40周年

卒業生が横断幕制作 社会

後輩に引き継ぐ思い形に

4月30日号

4月30日に5万円支給

4月30日に5万円支給 社会

秦野市 子育て給付金

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研ぎ出し技法の作品展

丹沢美術館

研ぎ出し技法の作品展

5月9日まで開催

5月6日~5月16日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第2回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第2回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    5月14日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter