秦野版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

ふわり照らす竹あかり 6月22日 花鳥神社

社会

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
柔らかいあかりが特徴(写真は過去開催)
柔らかいあかりが特徴(写真は過去開催)

 竹から浮かび上がる幻想的な光の競演「竹あかり」が6月22日(土)午後4時から8時、花鳥神社(秦野市菩堤1740)境内周辺で行われる。手作りの竹灯篭230本が境内を照らす。地元住民で組織する実行委員会(古谷信行代表)主催。

 竹あかりは、地元の人たちが「集落の氏神さんを盛り上げよう」とアイデアを出し合い一昨年から始めた。竹灯籠は、子どもや地元の人が竹に花や昆虫などの模様を描きドリルなどで穴を開け作った。今年は、市の協力を得て防犯灯の光量を調整するなど演出に力を入れる。「竹あかりは始めたばかりですが、徐々に定着させ広げていきたい。これが地域の活性化に繋がれば」と古谷さんは今後の広がりに期待を寄せた。

 また、6月29日(土)・30日(日)午後4時から8時、葛葉川上流の新田川(あらたがわ)丹沢橋からわさびや茶園(菩提908)で、「ホタルと竹あかりの夕べ」が行われる。川に沿って設置された竹灯篭の灯りと、ホタルの競演が楽しめるイベントだ。

 両イベントは雨天の場合中止。詳細・問い合わせは古谷さん【携帯電話】090・6658・7113へ。

新型コロナ感染拡大防止サービス

皆様に代わってドライバーが代行します!

http://www.aizu-taxi.co.jp/index.html

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

寄付

寄付 社会

6月5日号

「献血に協力を」

【Web限定記事】

「献血に協力を」 社会

6日と27日 イオン秦野SCで

6月5日号

ひなの巣立ちを確認

リュウキュウサンショウクイ

ひなの巣立ちを確認 社会

野鳥の会・八木会長「本州で初か」

6月5日号

「冨士大神」の石碑を修復

「冨士大神」の石碑を修復 社会

弘法のすずり水付近

6月5日号

風に揺れる春そばの花

風に揺れる春そばの花 社会

丹沢そばの農園で栽培中

6月5日号

市長動向

【Web限定記事】

市長動向 政治

5月25日〜29日

6月5日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

養成講座の受講者募集

観光ボランティアガイド

養成講座の受講者募集

7月4日~8月29日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク