秦野版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

秦野市議選 27陣営が出馬意向 現職3氏は引退へ

政治

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena

 秦野市では8月25日投開票で市議会議員選挙が実施される。同選挙の定数は24議席(現在1人欠員)。現職3人が引退の意向を示す一方、新人元職7人が出馬に意欲を見せている。

 24議席を巡り争われる今回の秦野市議選。現職市議の中では、高橋文雄氏(10期・85)と横溝泰世氏(10期・67)の両氏を筆頭に、諸星光氏(9期・83)・阿蘇佳一氏(8期・70)、風間正子氏(6期・72)、吉村慶一氏(6期・64)、木村眞澄氏(5期・68)、川口薫氏(4期・62)、小菅基司氏(4期・54)、高橋照雄氏(4期・70)、今井実氏(3期・67)、古木勝久氏(2期・67)らベテラン・中堅議員が、揃って出馬に意欲を見せている。

 また、労組系議員の大野祐司氏(5期・58)と八尋伸二氏(2期・56)も揃って出馬を見込むほか、公明党の横山むらさき氏(3期・59)と山下博己氏(2期・57)の両氏と共産党の露木順三氏(3期・67)と佐藤文昭氏(3期・67)の2氏も出馬の意向だ。さらに前回初当選を果たした相原學氏(1期・71)と谷和雄氏(1期・58)の2人も揃って再選を目論む。

和田氏・村上氏・野田氏が勇退

 その一方長年市議会を支えてきた最ベテランの1人の和田厚行氏(10期・72)の他、議長経験もある村上茂氏(4期・69)と公明党の野田毅氏(2期・64)の3氏は引退の意向という。3氏は6月19日の市議会の最終日、議会終了後に、他の市議を前に勇退のあいさつをした。現在秦野市議会は、加藤剛氏が今年4月の県議選立候補に伴い辞職したため、1議席欠員となっている。

新人6人が名乗り元職佐藤氏も意欲

 一方今回の市議選には数名の新人の名前が挙がる。前回の市議選にも出馬した福森真司氏(緑町・49)は4年間地道に政治活動を継続してきた。野々山静香氏(千村・48)も捲土重来を目指す。また、民間企業で勤務経験などがある飯田隆盛氏(堀西・42)、元市職員の古谷広義氏(戸川・60)、農業を営む原聡氏(今泉・41)、公明党の中村英仁氏(菩提・45)らが、タウンニュースの取材に対して、出馬の意向を明らかにしている。

 立候補予定者事前説明会には他にも出席者がいたとされ、今後も出馬に意欲を示す新人が出てくる可能性もある。さらに3期務めた元市議の佐藤敦氏(渋沢・58)も名乗りを上げており、新人元職入り乱れた混戦となる模様だ。

34人立候補も前回投票率は46・9%

 2015年に行われた前回の選挙には、定数24議席に対して34人が立候補した乱立選挙となった。10人の新人が挑んだものの、当選を果たしたのは加藤氏と相原氏、谷氏の3人だけだった。

 前回の市議選の投票率は46・90%(有権者数13万2216人・投票者数6万2006人)に留まった。

     (7月16日起稿)

中栄信用金庫

全てを地域の明日のために

http://www.shinkin.co.jp/chuei/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

2病院再編・統合議論に困惑

厚労省発表

2病院再編・統合議論に困惑 社会

秦野市は「地域医療守る」

10月18日号

台風19号の被害 市内にも

台風19号の被害 市内にも 社会

交通など市民生活にも影響

10月18日号

放課後学習、民間に初委託

秦野市

放課後学習、民間に初委託 教育

児童の学習習慣定着ねらう

10月11日号

レスリングで世界大会へ

大川弘毅さん(並木町在住)

レスリングで世界大会へ スポーツ

35歳以上ベテランズ選手権で

10月11日号

「行者おむすび」再始動

「行者おむすび」再始動 経済

渋沢の「峠漬」とコラボ

10月4日号

はだのふるさと大使に

俳優・歌手吉田栄作さん

はだのふるさと大使に 文化

秦野の魅力発信に期待

10月4日号

過去最多の3000発花火

秦野たばこ祭

過去最多の3000発花火 文化

「吉田栄作トークショー」も

9月27日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秦野の魅力込めた1枚募集

観光写真コンクール

秦野の魅力込めた1枚募集

10月7日~1月31日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク