秦野版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

上小英語支援事業 英語ぎらいをつくらない パサデナ友好協会が協力

教育

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
みんなで英語の歌を熱唱
みんなで英語の歌を熱唱

 4月から小学校5・6年生に本格実施される英語教育。すでに一部の小学校では英語専科の教員が配置されている。

 そんな中、4月から小規模特認校となる上小学校(中村克己校長)で、昨年10月から秦野パサデナ友好協会(六本木康会長)の会員らによる6年生への英語の授業が行われている。上小学校では外部の団体が英語の授業を支援するのは初の試みとなった。

 同会の授業は、昨年4月に姉妹都市パサデナ市から市民親善団が同校を訪れ、この時の交流を通じ「英語で話してみたい」という希望が児童から沸き上がったことがきっかけとなった。英語教育を充実させたいと考えていた同校と、「地域の子どもたちの国際感覚を育てる」という友好協会の理念が一致。中村校長の要請により同会の授業支援が実現した。

 授業はこれまで10回行われ、今年度末までに15回の授業が予定されている。授業では講師となる会員のほか、同校の教員らが協力。今月16日、20日に行われた授業では、ゲームや音楽などが取り入れられ楽しい授業が展開された。連想ゲームのような授業では、子どもたちが次々と知っている単語を発し、答えを導き出していた。子どもたちは「知らない先生が来てくれて楽しい。英語は好きじゃなかったけど、協会の人が来てくれて面白くなった」「パサデナ市の学校の映像を見たけど、自由で伸び伸びしていると思った。英語に興味が湧いてきた」など、楽しそうに話していた。

 同校では「子どもたちの反応は上々。学ぼうという姿勢が出てきたように思う。新年度も継続していきたい」と話した。

 同会の六本木会長は「地域の子どもたちの国際感覚を育てることは会の目的の一つでもある。英語に親しんでもらい、英語ぎらいをつくらない、そんな授業にしたい」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

小規模特認校スタート

上小学校

小規模特認校スタート 教育

初年度は6人が制度利用

3月27日号

秦野初の真打が誕生

春風亭一左さん

秦野初の真打が誕生 文化

ふるさと大使にも就任

3月27日号

「曽屋水道記念公園」に

旧曽屋配水場

「曽屋水道記念公園」に 文化

130周年機に呼称変更

3月20日号

薬師如来 県重要文化財に

東光寺

薬師如来 県重要文化財に 文化

貴重な「一日造立仏」と判断

3月20日号

公共施設の休止拡大

秦野市

公共施設の休止拡大 社会

管内の患者発生発表受け

3月13日号

子どもたちで休校対策

渋沢

子どもたちで休校対策 社会

地域貢献など自主的に活動

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「備長釉」の陶器展示

「備長釉」の陶器展示

香窯陶芸工房 春の作品展

3月29日~4月19日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク