秦野版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

インフル再流行の兆し 学級閉鎖急増 学年閉鎖も

社会

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

 秦野市内でインフルエンザが流行の兆しを見せている。1月28日から新たに市内の小中学校の5クラスが学級閉鎖となり、また本町小学校2年生は今シーズン初めて学年閉鎖となった。

 今シーズンのインフルエンザによる学級閉鎖は昨年10月に初めて発生。その後12月になると一気に増加し、特に12月中旬ごろから冬休みにかけて流行、12月15日から年末の間で幼・小・中5クラスで学級閉鎖となった。

 その後冬休みをはさみ、今年に入るといったん学級閉鎖は解消された。ところが1月中旬ごろから再び流行の兆しを見せ始め、1月21日から24日にかけて、北小学校と鶴巻小学校の計3クラスで学級閉鎖が発生。

 さらに翌週になると学校を休む子どもが急増。1月28日から本町小、大根小、鶴巻小と本町中学校の計5クラスが学級閉鎖となった。中でも本町小学校では2年生4クラス141人の生徒のうち、インフルエンザ様症状による欠席者が54人となり、2年生全体の罹患者数が増えたため、今シーズン市内の幼稚園・小・中学校では初めてとなる学年閉鎖を余儀なくされた。今シーズンのインフルエンザによる学級閉鎖は延べ18クラスとなった。

 平塚保健福祉事務所秦野センターによると、1月13日から19日まで、神奈川県のインフルエンザの罹患数は、1定点医療機関あたり11・7人。10人を超えると発令される注意報レベルを超えていたものの、秦野市内ではその時点で9・6人と、かろうじて下回っていた。しかし20日から27日までの調査の速報値では、10人となることが見込まれていて、注意報レベルに到達する見込みだ。同センターでは、「B型の流行がやや早い傾向があるものの、現在はA型が多数を占め、流行の傾向は、例年と同様。ここにきて小中学校で罹患者が増えているように、これからしばらくは、まだ注意が必要ではないか」と警告する。

 合わせて予防のために、「帰宅時のうがいや手洗いに加え、咳が出るときなどはマスクの着用などを心掛けて欲しい」と注意を促す。

秦野版のトップニュース最新6

5万人に飲食代千円返金

顔晴ろうはだのキャッシュバックキャンペーン

5万人に飲食代千円返金 経済

消費喚起策で8月20日から

7月10日号

新型コロナでICT化加速

秦野市

新型コロナでICT化加速 教育

全小・中学生にタブレット

7月10日号

小ホールを無料提供

クアーズテック秦野カルチャーホール

小ホールを無料提供 文化

7月中 無観客を条件に

7月3日号

歴史文化学ぶ博物館に

桜土手古墳展示館

歴史文化学ぶ博物館に 文化

8月1日から改修工事へ

7月3日号

老いも若きも「東Tuber(トーチューバー)」

東中学校

老いも若きも「東Tuber(トーチューバー)」 教育

教師一丸で進むICT教育

6月26日号

小中学生の悩み相談を

秦野市

小中学生の悩み相談を 教育

新たに電話窓口を開設

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク