秦野版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

フェイスシールドを手作り 広畑小6年 飯島匠人君が寄付

教育

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena
フェイスシールド制作の実演をする飯島君
フェイスシールド制作の実演をする飯島君

 飯島匠人(たくと)君(広畑小学校6年)がフェイスシールド約60個を手作りし、秦野市社会福祉協議会などに寄付を行った。

 特別養護老人ホームで働く母親のゆきゑさんから、新型コロナウイルス感染症の飛沫感染予防アイテムとして、フェイスシールドが福祉の現場で活躍していることを聞いた飯島君。しかし、身近な施設ではまだ手に入っていない現状を知り、自分でも作れないかとインターネットを検索した。フェイスシールドの作り方を解説している動画を見つけ、工作が得意だったため、実際に作ってみることにしたという。

 材料は全て100円均一の店舗で購入。顔を覆う部分はB4サイズの透明な硬質カードを切って使い、ワンタッチホックを利用してシールド部分が動くようにしたほか、額部分にクッションを、頭への装着時に調節しやすいようマジックテープを活用している。硬質カードの加工は力がいるため、ゆきゑさんが手伝ったが、あとは全て飯島君が作業。「最初は1日に1、2枚しか作れなかったけど、だんだん慣れてきて6枚くらい作れるようになった」と話す。一番力のいるワンタッチホックの取り付けに定規を使うなど工夫し、効率化を図っていった。

 出来上がったフェイスシールドは最後に除菌シートで拭き、ゆきゑさんを通して施設に寄付。スタッフに喜ばれ、感謝の手紙も貰ったことで創作意欲に火が付き、早いペースで次々と作り上げていった。多くの人に使ってほしいと、社協にも寄付したという。

 「みんなに必要だと思って作った。これが使わなくてすむようになればいい」と飯島君。「人の役に立つことをしたい。夏休みの自由研究とかで子どもでも作れるぬわないマスクとか考えてみたい」と話した。

寄付した施設からは感謝状も贈られた
寄付した施設からは感謝状も贈られた

秦野版のローカルニュース最新6

秦野たばこ祭2021 各地でメモリアル展示

小中学校等の短縮日課を継続

【Web限定記事】

小中学校等の短縮日課を継続 教育

緊急事態宣言延長に伴う秦野市内の小中学校等の対応

9月17日号

秦野事件簿

【Web限定記事】

秦野事件簿 社会

8月22日〜9月4日

9月17日号

秦野市立東公民館で写真展

【Web限定記事】

秦野市立東公民館で写真展 社会

「あなたが選ぶこの一枚」

9月17日号

ランチタイムコンサート「律の調べ」

【Web限定記事】秦野 最新ライブピックアップ

ランチタイムコンサート「律の調べ」 文化

東海大学前駅 ライブレストラン ミッシェル

9月17日号

上級者6人のピアノ演奏

上級者6人のピアノ演奏 文化

10月3日 クレッセントコンサート

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook