秦野版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

6月1日付で県宅地建物取引業協会湘南中支部の支部長に就任した 添田 直さん (株)添田土地 代表取締役 52歳

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena

耐えて進む舵取り役

 ○…新型コロナウイルスの感染拡大は、不動産業界にも影響をもたらした。全国的に廃業も目立ち始め、家賃交渉の連絡や休業補償の相談も多く寄せられる。こうした中、50代という異例の若さで宅建協会湘南中支部の支部長に就いた。平塚・秦野・伊勢原・大磯・二宮の3市2町の404社が加盟する支部の舵取り役は「精神的にも耐え忍ぶ毎日ですが、これも巡り合わせ。頑張っていきたい」と語る。

 ○…不動産の無料相談会や行政への相談員派遣、地元のまつりをはじめ各種イベントへの参加など、精力的な活動を続けてきた同支部。今年は例年通りとはいかないが、市民からの相談依頼は日々絶えないといい、「対面以外の窓口を開設するなど、できうる手段を考えている。与えられた状況でどれだけ行動できるかにこだわっていきたい」と前を向く。

 ○…大磯町に生まれた。小中学校では野球、高校ではラグビーと、根っからのスポーツ少年だった。大学卒業後に不動産会社でサラリーマンを経験し、30代に入ると家業の(株)添田土地(平塚市)に入った。今回、支部長になったことで県の本部役員としての仕事も加わり、横浜と平塚を往復する機会も増えた。そんな多忙な日々に潤いを与えてくれるのが趣味のジョギング。昨年の湘南国際マラソンを3時間26分で走破した健脚を誇る。フルマラソンを3時間未満で完走する「サブスリー」を「50代で成し遂げる」のが目標だ。

 ○…コロナ禍とはいえ、人口減少社会がもたらす空家問題や所有者不明土地対策など、対応すべき課題は山積しているという。支部長の任期は2年。「厳しい2年間になりますが、メンバー一丸となって社会使命をまっとうしていきたい」と決意を語った。

秦野版の人物風土記最新6

松本 亮三さん

文化財保護強調週間に特別公開を行うはだの大日堂保存会の会長を務める

松本 亮三さん

東海大学名誉教授 68歳

10月23日号

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

秦野市文化団体協議会の会長を務める

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

桜町在住 89歳

10月16日号

小桧山(こひやま) 茂雄さん

秦野茶を使ったクラフトビール「HANOCHA」のプロジェクトリーダーを務める

小桧山(こひやま) 茂雄さん

西田原在住 44歳

10月9日号

竹田 茂さん

9月3日付で秦野警察署長に就任した

竹田 茂さん

秦野市在住 58歳

10月2日号

佐藤 直樹さん

秦野市教育長に就任した

佐藤 直樹さん

二宮町在住 57歳

9月25日号

内田 賢司さん

9月1日付で秦野市副市長に就任した

内田 賢司さん

曽屋在住 69歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

貴重な文化財特別公開

はだの大日堂保存会

貴重な文化財特別公開

11月1日~11月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク