秦野版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える あっとほーむデスク 6月26日0:00更新

  • LINE
  • hatena

 いよいよ自分を育ててくれたといえる秦野を離れることになった。2年前に戻ってきてから通算すれば25年近くにわたりこの秦野で仕事をさせてもらった。思えばバブルの時代にタウン生活をスタートさせ、昭和、平成、令和と3つの時代の秦野の街を見させてもらってきた(もっとも自分はあのバブルの恩恵を受けた記憶がない)。街は変わってきたけれど、この街に住む人たちの温かさはずっと変わらない。たくさんの人たちに会うことができ、時にはお叱りも受けながら本当に良くしてもらった。あの年にはこんなことがあった、この年にはこんんなことがあったと、思い出は尽きない。紙面に刻んできた自分と秦野の歴史は何にも代えがたい財産となった。とにかく感謝しかない25年という月日。本当にありがとうございました。   S

秦野版のあっとほーむデスク最新6

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

6月18日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

6月11日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月28日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月23日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月16日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月9日0:00更新

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

極楽寺でコンサート

極楽寺でコンサート

地域や芸術、寺など繫ぐ

6月27日~6月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter