秦野版 掲載号:2020年7月17日号 エリアトップへ

ルール守り交通死亡事故を防ぐ 今年1〜4月で神奈川が全国ワーストに

社会

掲載号:2020年7月17日号

  • LINE
  • hatena
自転車へ注意喚起
自転車へ注意喚起

 神奈川県内では今年に入り交通死亡事故が多発し、1月7日から4月22日までの統計で全国ワーストを記録した。新型コロナの外出自粛の影響で多少減ったものの、6月末時点で全国で2番目に多くなっている。一方で秦野市では昨年8月に発生した交通死亡事故以降、死亡者はゼロを更新(7月6日現在)してはいるが、交通事故そのものは後を絶たず、いつ重大事故につながるかわからない状況にあるという。

 神奈川県内の6月末時点の交通事故発生件数(速報値)は9334件。負傷者数1万844人、死者数71人となっている。前年度同時期に比べ事故件数は2054件減っているものの、死者数が4人増。この数字から、重大事故につながるケースが増えているとみられる。

 秦野警察署交通課の城取康弘課長によると、秦野警察署管内の人身交通事故発生件数(速報値)は6月末までに139件。1日平均0・8件の交通事故が発生している計算となる。負傷者数163人に対し、死者数はゼロとなっているものの、負傷者のうち5人が重傷者で「いつ交通死亡事故が起こってもおかしくない」状況だという。

事故の4割が高齢者

 年齢別でみると、秦野市では高齢者が関係する件数が多く、全体の38・8%を占めている。被害者・加害者ともに高齢者の割合が増えており、特に横断歩道付近での事故が増えている。

 城取課長は「運転者は『横断歩道は歩行者優先』というルールをしっかり守り、安全運転を心がけてほしい。また、歩行者も『ルールを守った正しい横断』をしてください。横断歩道が近いから大丈夫だろうと少し手前を渡ってしまったり、斜め横断は運転者に気付かれにくく、大変危険です」と話す。

人身事故 3割が二輪

 人身交通事故の発生状態別では歩行者が13・7%、自転車が12・9%、二輪車が関係する事故が最も多く30・9%で前年比11件増となっている。追突や右左折時が多く、全体の半数以上を占めており、特に注意が必要だ。

 市内の事故発生現場としては国道246号が18・7%と最も多く、県道62号平塚秦野線と県道613号曽屋鶴巻線と交通量が多い路線が続く。この他、市道など細かい道では軽微な事故が多発する傾向にある。

 速度が出やすい幹線道路は重大事故が起こりやすく、「運転者は最高速度の厳守をお願いします」と城取課長。また、二輪車も死因で最も多かった頭部殴打に並び、近年では胸部殴打による死亡事故も増えているため、ヘルメットだけでなく、胸を守るプロテクターやグローブの着用も推奨している。

外出したまま帰らぬ人に悲惨な死亡事故の撲滅へ

 秦野市では、4月の「春の全国交通安全運動」、7月の「夏の交通事故防止運動」、9月の「秋の全国交通安全運動」、12月の「年末の交通事故防止運動」の年4回のキャンペーンにあわせて、啓発活動を実施している。このほか、県下一斉で5日間にわたって行われる交通事故防止対策にも参加し、運転者や歩行者に交通安全を呼び掛ける。

 秦野警察署では国道246号などで二輪車を対象にした引込検問や、高齢者への安全教育、講習などを実施し、交通安全に対する啓発を行っている。「『行ってきます』と出ていった人が帰ってこない。そんな交通死亡事故は本当に不幸しか生まないものです。交通ルールを守る、身を守る道具を身に着ける、これを徹底してほしい」と話した。

引込検問で二輪車への注意を促す
引込検問で二輪車への注意を促す
年4回、交通事故防止運動を行う
年4回、交通事故防止運動を行う

秦野版のローカルニュース最新6

市長動向

【Web限定記事】

市長動向 政治

9月13日〜19日

9月24日号

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座

【Web限定記事】

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座 社会

10月30日と11月6日

9月24日号

10月イベント情報

万葉の湯 はだの館

10月イベント情報 社会

9月24日号

たばこ祭デザイン切手お目見え

認知症 を知ろう

特集

認知症 を知ろう 社会

9月はアルツハイマー月間

9月24日号

詐欺防止を啓発

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook