秦野版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

内屋敷稲荷の鳥居を新調 11人が集まり奉納式典

文化

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
新調された鳥居の奉納式典を行う参列者ら
新調された鳥居の奉納式典を行う参列者ら

 内屋敷稲荷神社で8月29日、鳥居の奉納式典が行われた。この日は鳥居を奉納した関野弘幸さんをはじめ、周辺で耕作を行う人々11人が参列。神事を執り行った。

 この稲荷神社は秦野市羽根の畑が広がる山崎地域の一角にひっそりと建てられている。代表を務める大津智司さんによると、神社の歴史は古く、昔から村の守り神として親しまれてきた。神社には江戸時代に同地域を治めた今井家の名と共に『正一位今井稲荷大明神』と書かれた木簡も残っている。参列者の話によれば、かつては例祭の折には幟が立ち、参道は芝居や露店などで賑わったそうだが、時代と共に管理する人がいなくなっていったという。

 現在は、古くからあるこの稲荷神社を守ろうと、地域住民や神社の周りにある畑で耕作を行っている有志が集まり、神社の整備を実施。年1回、2月の二の午に神事を行っている。

 今年は鳥居が老朽化していたことから、春頃に関野さんが新調し奉納。奉納式を予定していたが新型コロナ感染予防のため延期し、8月の開催になった。大津さんは「地元のみんなで社を作ったりして大事にしてきた神社。若い世代に継承していきたい」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6

市長動向

市長動向 政治

9月14日〜25日

10月2日号

「情熱」の赤い彼岸花咲く

四十八瀬川甘柿橋の周辺

「情熱」の赤い彼岸花咲く 社会

10月2日号

尊佛まつり10月3日開催

尊佛まつり10月3日開催 文化

30回記念手ぬぐい販売も

10月2日号

秋の紅葉低山登山

山岳ガイドと行く

秋の紅葉低山登山 文化

10月2日号

新・立民県連が船出

新・立民県連が船出 政治

代表に阿部氏

10月2日号

尊徳たたえる懐メロ・歌謡祭

尊徳たたえる懐メロ・歌謡祭 文化

3日 小田原で

10月2日号

あっとほーむデスク

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

尊佛まつり10月3日開催

尊佛まつり10月3日開催

30回記念手ぬぐい販売も

10月3日~10月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月2日号

お問い合わせ

外部リンク