秦野版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

「学校クリーン隊」活躍中 コロナ感染防ぐ除菌作業

教育

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
水回りの除菌作業を行う菊地さん
水回りの除菌作業を行う菊地さん

 秦野市は市内の小中学校で教員の補助を行う「スクールサポートスタッフ」が活動している。スタッフには主に授業の補助を行う「学び応援隊」と、清掃や事務作業の補助を行う「学校クリーン隊」があり、地域の市民が学校の現場で活躍している。

 同制度は教職員の多忙化の解消や学校業務の改善策の一つとして2019年度にスタート。昨年度は教員OBらが授業のサポートを行う「学び応援隊」が活動してきた。

 今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、児童・生徒がトイレや水回りの清掃をすることを控えているため、教職員らがトイレなどの清掃に携わらなければならない状況となっている。

 そうした状況を改善するため今年度神奈川県は、各自治体に対しスクールサポートスタッフを雇用するための助成を新たに始めた。秦野市では前年度から開始したスクールサポートスタッフ「学び応援隊」に加え、今年度県費を活用した「学校クリーン隊」を設置し、参加者を市役所のホームページなどで募集した。

クリーン隊は水回りの除菌など手掛ける

 第1期の募集に応じて渋沢中学校「学校クリーン隊」のひとりに加わった菊地寿美さんは、子どもが同中学の卒業生。夫がPTA会長だったこともあり、自身も学校に通う機会が多く、知っている教諭が多くいたこともあり、応募した。

 菊地さんは、毎週4日間放課後を中心に4時間ほど活動し、水回りやトイレなどの除菌作業をはじめ、印刷作業の手伝いなどを手掛け、教諭らをサポートしている。同中学の柏木荘一校長も「この制度は学校として非常に助かっている。トイレの除菌などを行っていただけることはありがたい」と話す。

各校1人以上配置も地域にばらつきが課題

 秦野市教職員課では「少なくとも各学校1人はスクールサポートスタッフを配置し、全体では30人以上になっている一方、地域によってばらつきもある」と課題を話した。

 菊地さんは「地域に愛着を感じている。コロナ禍で子どもたちの生活にも制限があるなかで、生徒が学校でなるべく笑顔で快適に過ごせるようにお手伝いできたらうれしい。そういった意味でやりがいも感じているし、仕事は充実しています」と話す。

秦野版のトップニュース最新6

善波川で生き物採集

鶴巻小5年2組

善波川で生き物採集 教育

ビオトープづくり目標に

10月23日号

ランチでスタンプラリー

ランチでスタンプラリー 経済

3店巡り食事券が当たる

10月23日号

イオンで神奈川再発見

イオンで神奈川再発見 経済

県と共催 10月18日まで

10月16日号

ジビエでおもてなし

ジビエでおもてなし 社会

鶴巻温泉・大山間のバス運行

10月16日号

ワークステーション開始

秦野市の救急拠点

ワークステーション開始 社会

秦野赤十字で10月12日から

10月9日号

2部制で開催へ

2021年成人式

2部制で開催へ 文化

コロナ対応でライブ配信も

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

貴重な文化財特別公開

はだの大日堂保存会

貴重な文化財特別公開

11月1日~11月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク