秦野版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

9月3日付で秦野警察署長に就任した 竹田 茂さん 秦野市在住 58歳

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena

検挙に結び付ける継続の力を

 ○…『強く正しく元気良く』。この言葉をスローガンに秦野署の舵を取る。「警察は強くなければならない。強い力を正しく使うこと、そして元気がなければ何事も成せない」と力強く語る。

 ○…1980年、横浜市の戸部警察署から始まった警察官人生。「土建屋の長男で、高校も工業系。ものづくりをする予定だったけど、つくるより守る仕事に奮い立った」と振り返る。家の近くに駐在所があり、警察の仕事を子どもの頃から身近に見ていた。困っている人を助けたとき「ありがとう」と感謝されたことが嬉しく、印象に残っている。その原体験が自身の道を決定付けた。緑警察署副署長や科学捜査研究所長を歴任し、秦野警察署へ。署長職としては初となる。

 ○…これまで捜査畑できたため、特殊詐欺には「やはり力を入れたい」と話す。赴任してすぐに検挙班を立ち上げ、常に特殊詐欺の捜査を行い、検挙に結び付ける姿勢を貫く。「あわせて窃盗や空き巣などの身近な犯罪も抑止し検挙する。『やりにくい街』だと思われれば、犯人も寄ってこない」。交通安全に対しても「行ってらっしゃい、おかえりなさい。そうやって安全に帰ってこられることが本来のまちづくり。事故が多い箇所を分析し、取り締まりや乱横断への注意などをしっかり呼び掛けたい」。

 ○…秦野の印象は「いいところだよね。人はあったかいし、水も美味しい」。趣味は観劇で、実は宝塚歌劇団のファン。好きなものを語るとき、表情が柔らかくなる。座右の銘は上杉鷹山の「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」。「やればやっただけ結果が出る」という信条は経験則。継続力と時代に合わせた柔軟な対応で秦野の街を支える。

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

関 健作さん

気鋭のフォトグラファーとして国内外で活躍している

関 健作さん

千村在住 37歳

11月20日号

林 道弘さん

秦野スポーツクライミングクラブを立ち上げ会長を務める

林 道弘さん

戸川在住 63歳

11月13日号

岡本 靖彰さん

市内店舗にマスクコードを1000本以上寄贈している

岡本 靖彰さん

今泉在住 37歳

11月6日号

鈴木 八重子さん

渋沢公民館の「木目込み人形教室」の講師を12年前から務める

鈴木 八重子さん

渋沢在住 75歳

10月30日号

松本 亮三さん

文化財保護強調週間に特別公開を行うはだの大日堂保存会の会長を務める

松本 亮三さん

東海大学名誉教授 68歳

10月23日号

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

秦野市文化団体協議会の会長を務める

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

桜町在住 89歳

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

季節の写真展

季節の写真展

南が丘写友会

11月29日~12月20日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク