秦野版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

第3回9月定例会 一般質問 議会報告 ”公助”のあり方、堀水路の浸水対策と具体の管理計画を 市議会議員 古木勝久(3期目)

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

 昨年10月の台風19号では、市内には積算雨量が400mmを超えた地域があり、堀山下地区の堀水路が溢れ、床下浸水7件という被害が発生した。

 この問題では、従来の水路管理、災害時の防災対応などの”公助”のあり方、本市の災害対策に課題があるのではないかと一般質問をした。

■継続的な水防対策ができていたのか

問 平成25年12月に地元自治会から市に要望書が出ており、市の回答は「水路の流れを阻害する原因に、注意しながら、経過観察していきたい」という内容だった。水路の流木やゴミ等の撤去作業等を実施しながら「経過観察する責務」があったが、注意を怠った結果、被害が出てしまったということか。

答 堀水路管理に注意を怠ったとまでは考えていないが、土砂の発生源の保安林を管理している県と連携を強化し、注意深く見守っていくことが大切であることは認識している。

問 ここは過去にも水害歴がある。水路管理者としての適切な管理と、水路改修を含む計画を立てる必要があると考えるがどうか。

答 監視体制を強化すると同時に、土砂の流出や倒木の発生が防げるような対策を講じられるように、県とも連携して取り組んでいく。

■質問を終えて

 県との連携は進めるべきだが、その前に水路管理者の本市としての”公助”の役割があると考える。次回の12月議会では、不断の防災対策、発生から事後処理に至るまでの対応を検証していく予定。他に一般質問では、新総合計画素案と現行の総合計画との比較検証、図書館改革についてそれぞれ提言をした。

古木勝久議員

秦野市南が丘2の2の22の203

TEL:090-6010-7129

http://a-n.co.jp/furuki/katsuhisa.html

秦野版の意見広告・議会報告最新6

若者・子どもや妊婦さんにまでワクチン接種を推進する行政にもの申す!

秦野の未来を切り拓く次の世代の架け橋へ

意見広告vol.1

秦野の未来を切り拓く次の世代の架け橋へ

市民がつくるはだの未来 代表 さとう伸一

9月24日号

市民の力を集め、未来に誇れるまちづくりを

戸川住みよいまちづくりを考える会 意見広告

市民の力を集め、未来に誇れるまちづくりを

「秦野住みよいまちづくり協議会」が結成!

8月6日号

第4弾  不適切な土砂等の処理の是正と不適切な行政運営の刷新を

第2回6月定例会 一般質問 議会報告

第4弾  不適切な土砂等の処理の是正と不適切な行政運営の刷新を

市議会議員  古木勝久(3期目)

7月9日号

少人数学級について

6月定例会 議会報告

少人数学級について

秦野市議会議員 無所属 伊藤大輔

7月9日号

3度目の緊急事態宣言で思うこと

3度目の緊急事態宣言で思うこと

なんつッ亭大将 古谷一郎

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook