秦野版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

コロナ禍受け地価下落 県が地価調査結果を公表

経済

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県は9月29日、地価調査結果を発表した。知事が毎年1回、基準値の標準価格(基準地価格)を判定、公表しているもので、国が年1回実施する公示価格とあわせて、一般の土地取引価格の指標や公共事業用地の取得価格算定の規準などに利用されている。基準地価格は7月1日時点での基準値1平方メートルあたり(林地は10aあたり)の価格。秦野市では住宅地18地点、商業地4地点、工業地1地点、林地1地点で調査が行われた。

 市内の住宅地、商業地はコロナ禍の影響を受け、全体的に前回調査より下落基調に。住宅地の平均価格は8万1500円(前年8万3400円)で、平均変動率はマイナス2・3%。調査地点のうち最も変動率が低かったのはマイナス0・9%の「鶴巻北3丁目1959番10」と「清水町941番36」、最も大きいのは前回に引き続き「北矢名字おおね台666番143」でマイナス4・9%となった。

 商業地の平均価格は16万8000円(前年17万2000円)で、平均変動率マイナス2・2%。最も変動率が低かったのは「柳町1丁目114番6」でマイナス1・5%、最も大きいのは市内最高額である20万2000円(前年21万円)の「本町2丁目2672番30」で、変動率はマイナス3・8%と県内でも高い下落率を記録した。

 一方、工業地の基準地価格は前回調査時から引き続き上昇しており、調査地点の「堀山下字荒井ヶ谷戸320番2外」では変動率2・0%(前年2・5%)で5万4900円となった。依然として上昇の要因は明確ではないが、厚木や綾瀬、伊勢原などで価格の上昇が見られることから、開通が近づく新東名高速道路の影響と推測される。

 林地の「渋沢字下山1697番3」は123万円(前年126万円)で変動率はマイナス2・4%となった。

秦野版のローカルニュース最新6

市長動向

【Web限定記事】

市長動向 政治

9月13日〜19日

9月24日号

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座

【Web限定記事】

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座 社会

10月30日と11月6日

9月24日号

10月イベント情報

万葉の湯 はだの館

10月イベント情報 社会

9月24日号

たばこ祭デザイン切手お目見え

認知症 を知ろう

特集

認知症 を知ろう 社会

9月はアルツハイマー月間

9月24日号

詐欺防止を啓発

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook