秦野版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

秦高サウンド研究部 イオンでライブ初企画 コロナに負けず成功目指す

文化

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena
左からサウンド研究部の丸山聖人さん(2年)、大津晴輝さん(1年)、中野実紀さん(同)、兼岡蒼空さん(2年)
左からサウンド研究部の丸山聖人さん(2年)、大津晴輝さん(1年)、中野実紀さん(同)、兼岡蒼空さん(2年)

 秦野高校サウンド研究部と小田原高校軽音楽部が11月1日(日)、イオン秦野SCのくすの木広場ふれあいステージで「High School”K─ON”Fes2020」を初開催する。午前10時半から午後3時55分。観覧自由。当日は両部所属の13バンドが26曲を披露する。

 高校生主体で企画・開催される野外ライブ。当初は3月開催予定だったが、新型コロナの影響で延期となっていた。

 企画のきっかけは、昨年10月に企業主催でイオンで開催された高校生対象の音楽イベント。「校外での発表の場を増やすため、自分たちでもこういったイベントを作りたい」と元々交流があった小田高軽音楽部と翌月から動き始めた。

 当初は2年生(現3年生)と1年生(現2年生)で準備し出場するはずだったが、新型コロナで開催がままならないまま先輩は引退。残された2年生がその思いを受け継ぐことになった。

 「本来2〜3月のイベントで先輩からやり方を学び、4〜5月に3年生指導のもと2年生が中心となるが、今年はそれができなかった」と水上慶太顧問。2年生は「自分たちがやるしかない」という重圧の中、小田高側とLINEで連絡を取り合い、慣れない企業との交渉も進めた。中でも感染症対策には苦慮したが、自校の文化祭での経験を元にソーシャルディスタンスの確保や来場者の検温・消毒、ステージ上の消毒等を徹底する。

 「コロナという逆風の中で成功させることに意味がある。出たかった先輩たちの思いを引き継ぎ頑張りたい。初めてのことだらけの中ついてきてくれた1年生にも感謝です」と2年生。「後輩として力になり、色々なことを吸収したい。先輩たちの音楽が大好きなので、成功させたい」と1年生も意気込みを語る。

 問い合わせは秦野高校【電話】0463・77・1422、水上教諭へ。

秦野版のローカルニュース最新6

秦野たばこ祭2021 各地でメモリアル展示

小中学校等の短縮日課を継続

【Web限定記事】

小中学校等の短縮日課を継続 教育

緊急事態宣言延長に伴う秦野市内の小中学校等の対応

9月17日号

秦野事件簿

【Web限定記事】

秦野事件簿 社会

8月22日〜9月4日

9月17日号

秦野市立東公民館で写真展

【Web限定記事】

秦野市立東公民館で写真展 社会

「あなたが選ぶこの一枚」

9月17日号

ランチタイムコンサート「律の調べ」

【Web限定記事】秦野 最新ライブピックアップ

ランチタイムコンサート「律の調べ」 文化

東海大学前駅 ライブレストラン ミッシェル

9月17日号

上級者6人のピアノ演奏

上級者6人のピアノ演奏 文化

10月3日 クレッセントコンサート

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook