秦野版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

市内店舗にマスクコードを1000本以上寄贈している 岡本 靖彰さん 今泉在住 37歳

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena

柔軟な発想で未来を作る

 ○…本町四ツ角の「麺処よつかど」を経営する。コロナ禍で来店客がマスクを店に忘れて帰ってしまうことから、胸に下げておける「maskcode(マスクコード)」を開発した。アクセサリーのような軽さで着脱もしやすく、洗濯もでき「生活の負担や邪魔にならないようにしています」とこだわりを話す。

 ○…小学時は松田町の寄、中学は大磯で過ごした。高校へ進学するが、自身の適性に疑問を感じ中退。17歳でラーメン屋に就職し魅力に憑りつかれた。「丼ぶり一つで1食になりうる。スープが汁物で、麺が主食、具材がおかずになる楽しい食べ物」。35歳で現在の店を開業するまでは波乱万丈。福岡に博多ラーメンの修業に行った時には、半年間のホームレス生活も。「屋台って1トン近くあって引くのが大変。これは仕事になると思い屋台を引く代行の仕事を始めたんです。屋台の店主に交渉して、ホームレス仲間にも仕事を斡旋していました」と柔軟な発想で切り抜けた。その後はラーメン屋の立ち上げにいくつも関わったり、建築会社の営業で月1億円売り上げたりと経験。宅配寿司の秦野店立ち上げを機に秦野へ来た。

 ○…子どもの頃は「スーパーマリオカートが得意で『マリカーのやーちゃん』と呼ばれていた」と微笑む。現在は妻と3人の子どもに囲まれ「中2の息子と、将来の仕事の話ができるようになったりして楽しい」と父親の顔だ。

 ○…子どもたちのふるさとになる秦野を守るため、秦野に店を出店。食材は近くの商店街で買ったり、内装も自身で改装し廃材を出さないよう心掛けた。「今の20代の子たちがかっこよく生きられるように、自分もかっこつけて、かっこいい大人でありたい」と優しい笑顔で話した。

秦野版の人物風土記最新6

久保 徹さん

4月1日付で県平塚土木事務所の所長に就任した

久保 徹さん

平塚市出身 59歳

6月11日号

高橋 洋一さん

YAMA CAFEの店長に就任した

高橋 洋一さん

大秦町在住 61歳

6月4日号

樺島 進一郎さん

4月1日付で秦野商工会議所青年部の会長に就任した

樺島 進一郎さん

(株)コラム建設代表取締役 47歳

5月28日号

竹村 洋治郎さん

秦野市を管轄する湘南地域県政総合センターの所長に4月1日付で就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月21日号

内田 慎之介さん

秦野市PTA連絡協議会(市P連)の会長を務める

内田 慎之介さん

南矢名在住 38歳

5月14日号

中尾 洋子さん

秦野少年補導員連絡会の会長に就任した

中尾 洋子さん

南矢名在住 65歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter