秦野版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

秦野市 オープンハウス式で初開催 矢坪沢水路整備の説明会で

政治

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena
パネルが展示された説明会の会場
パネルが展示された説明会の会場

 秦野市はコロナ禍での新たな住民説明会のスタイルとして、オープンハウス形式を導入した。初の開催は「矢坪沢水路整備計画説明会」で、1月31日(日)までクアーズテック秦野カルチャーホール(文化会館)2階で行われている。時間は午前9時から午後5時。文化会館休館日は閉所。

 市まちづくり計画課によると、同整備計画については2019年5月に北公民館で住民説明会を開催。当時は300人以上が訪れ、市民の関心の高さを感じたという。しかしその後、新型コロナウイルスの感染が拡大。「進捗状況の情報発信はしていかなければならないが、不特定多数が対象のため、従来の方式では感染予防を行いながら説明会を実施するのが難しかった」と同課では話す。そこで、昨年秋に実施された国土交通省が進める国道246号バイパスの説明会実績を鑑み、秦野市でもオープンハウス形式で実施することにした。

 オープンハウス形式とは、説明用のパネルを常設展示し、あらかじめ定めた日程に説明職員の配置を行うもの。パネルには計画の骨子や経緯、今後の方針などが書かれているほか、職員がいなくてもわかりやすいように下部に詳細説明を掲載しているという。また、展示会場への来場が困難な人のために、秦野市のホームページでも内容を公開(HP内検索で「矢坪沢水路整備計画」と入力)している。

 説明職員がいるのは、1月14日(木)、17日(日)、19日(火)で、いずれも午前10時から正午、午後2時から4時まで。意見等は書面で受け付け、HPなどで回答を行う。同課では「今後も事業の進捗状況にあわせて説明会を実施し、地元のご理解を得ながら進めていきたい。今回のオープンハウス形式は試行的なもの。皆さんの意見を聞きながら、開催方法を模索していく」と話している。

秦野版のローカルニュース最新6

感染対策で合格祈願

菅原神社

感染対策で合格祈願 社会

1月25日に

1月22日号

市長動向

市長動向 政治

1月12日〜15日

1月22日号

「節電の協力を」

秦野市

「節電の協力を」 社会

来月は省エネ月間

1月22日号

はだのの民話

はだのの民話 文化

〜病魔退散〜

1月22日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

1月3日〜1月9日

1月22日号

書籍用の除菌機導入

秦野市立図書館

書籍用の除菌機導入 社会

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

無料体験会を実施

トム・インドアテニス

無料体験会を実施

1月25日~1月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク