秦野版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

秦野市聴覚障害者協会会長を務める 嵩(たかし) 賢治さん 今泉在住 57歳

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena

明るくアクティブなリーダー

 ○…「是非この映画をたくさんの方に見てほしいです」と力強い身振りで語り掛ける。全日本ろうあ連盟創立70周年を記念して制作された映画『咲む』(えむ)は、聴覚障害者の早瀬憲太郎監督がメガホンを取り、盲ろう者などが出演する映画。「聴覚障害者自ら作った作品であることに、意義を感じる。映画を通じてろうあはもちろん、他の障害者への理解を深めていただけるものだと思っていますし、そうした機会に是非して欲しい」と訴える。

 ○…協会の会員は現在約40人。バーベキューなどの会員相互の交流イベントをはじめ、手話普及のため行政から依頼を受けて、小・中学校や高校などへ出向き、手話教室などを開催している。それでもまだまだ手話の普及は今後の課題と率直な印象を話す。

 ○…奄美出身。小学生のころ、中耳炎がきっかけとなり、徐々に聴力を失った。秦野には家族の仕事の都合で移り住んだ。その後同じ聴覚障害者の妻と知り合い結婚。現在は特許関係の仕事に携わる。アクティブな性格で、以前は登山に親しんでいた。「北アルプスが好きで、槍ヶ岳や穂高とかに登った。燕岳も素晴らしいところだったな」と訪ねた名峰の数々を数える。今は夫婦で時間をかけて東海道を歩いてめぐる旅の途中。「まだ始めたばかり。日本橋から戸塚まできたところ」とちょっと恥ずかしそうに打ち明ける。

 ○…日ごろからコミュニケーションは筆談が中心。電話など苦労することも多い。「以前に比べれば手話は認知されてきているし、広がったとは感じているものの、まだ道半ば。さらに理解されるよう努めていきたい」と話す。将来は「故郷の奄美に関わる何かができたらうれしい」と笑顔を見せた。

秦野版の人物風土記最新6

本多 勝昭(まさあき)さん

初心者が楽しめる論語の本を執筆した

本多 勝昭(まさあき)さん

鶴巻南在住 72歳

6月18日号

久保 徹さん

4月1日付で県平塚土木事務所の所長に就任した

久保 徹さん

平塚市出身 59歳

6月11日号

高橋 洋一さん

YAMA CAFEの店長に就任した

高橋 洋一さん

大秦町在住 61歳

6月4日号

樺島 進一郎さん

4月1日付で秦野商工会議所青年部の会長に就任した

樺島 進一郎さん

(株)コラム建設代表取締役 47歳

5月28日号

竹村 洋治郎さん

秦野市を管轄する湘南地域県政総合センターの所長に4月1日付で就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月21日号

内田 慎之介さん

秦野市PTA連絡協議会(市P連)の会長を務める

内田 慎之介さん

南矢名在住 38歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

極楽寺でコンサート

極楽寺でコンサート

地域や芸術、寺など繫ぐ

6月27日~6月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter