秦野版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

県障がい者スポーツ指導者協議会秦野支部の支部長を務める 赤坂 美保子さん 寿町在住 70歳

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena

スポーツで日々を豊かに

 ○…障害があっても無くても、誰もがスポーツを楽しめる場を作りたい―。その思いから2000年、仲間と県内で初めて障がい者スポーツ指導者協議会の支部を立ち上た。パラスポーツの体験会などを定期的に開催して間口を広げてきた。心がけているのは「障害者のためだけではなく、興味があれば誰もが参加できる場所にすること」。その活動が評価され、昨年12月に文部科学大臣表彰を受賞した。「仲間がいたからこそ続けられてきたこと。これは皆でもらった賞」と話す。

 ○…厚木市出身。結婚を機に秦野市へ移った。中学時代からソフトテニスを続け、体育指導員を10年以上務めてきた。子育てをしながら嫁ぎ先の家業でプラスチック製品を製造する「有限会社ミユキ化成」を手伝う毎日を送っていた。その生活が1993年に一変。脳血栓で倒れて右半身がまひし、大好きなスポーツもできなくなった。

 ○…「発病後は絶望の繰り返しでしかなかった」といい、そんな状況を救ったのもスポーツだった。障害を抱えながら運動する人の姿をみて自身も再び体を動かし始め、自分一人で行動できるまでに回復した。96年には障がい者スポーツ指導員の資格を取得、経験を生かして普及活動に力を入れるようになった。

 ○…支部で活動を続けている中で特に印象に残っているのが、脳性まひで体が動かない人と健常者がチームを組み、笑顔で競技する様子をみたこと。「その姿をみて涙が出た。その輪が広がれば」と振り返る。今年度はコロナ禍で大会の中止や縮小が相次いだ。「今もコロナとの戦いは続くがパラスポーツの魅力を伝え続けたい」。娘も最近、大分県で指導員の資格を取得した。「意見交換して活動に生かしたい」と声を弾ませた。

秦野版の人物風土記最新6

瓜本 公生さん

東公民館で定期開催するレコードカフェ「メモリーズ」を企画した

瓜本 公生さん

曽屋在住 65歳

4月23日号

竹内 房枝さん

70周年を迎えた秦野市子ども会育成連絡協議会の会長を務める

竹内 房枝さん

南が丘在住 71歳

4月16日号

上杉 吉昭さん

秦野市の風景をテーマに油彩画の個展を開催している

上杉 吉昭さん

松原町在住 85歳

4月9日号

高田 賢治さん

スクールサポーターとして市内の小学生などの見守り活動を続けている

高田 賢治さん

70歳

4月2日号

岡田 ユキオさん

活動5周年の作品展を行う「水彩スケッチ四季」の講師を務める

岡田 ユキオさん

羽根在住 66歳

3月26日号

佐野 友保さん

公益財団法人ボーイスカウト日本連盟の専務理事を務める

佐野 友保さん

今泉在住 74歳

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春のスペシャルオリエンテーリング

【Web限定記事】自然観察施設くずはの家

春のスペシャルオリエンテーリング

4月29日~4月29日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第1回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第1回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    4月16日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter