秦野版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

第35回障害者による書道・写真全国コンテストで金賞を受賞した 小松 均さん 曽屋在住 57歳

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena

苦労するから写真は楽しい

 ○…結果発表を知らせる情報誌を開いてみるまでの緊張感。金賞のページには紛れもない自身の写真が。このコンテストは1人1作品しか応募できず、さらに3回入賞したら応募できない。既に2回入賞を果たしていたものの金賞を受賞した経験はなかった。それだけに「一番苦労してきた賞だったので、有終の美を飾れ、本当にうれしかった」と感想を話す。

 ○…受賞作品の赤いひまわりは、座間市まで出かけ撮影。珍しさのあまり夢中で撮影していたところ、蜂が蜜を求めて飛んできた。その様子がまるでひまわりを励ましているように感じ、「がんばって咲いて!」とタイトルをつけた。「今までは経験や知識が不足しているなかでもいろいろなコンテストに応募し、幸せにもいくつも賞をいただいてこられました。今回は良い写真が撮れて自信作だった。その写真が念願の金賞に選ばれ、本当に良かった」と喜ぶ。

 ○…山形県生まれ。幼少期の高熱が原因となり聴覚を失った。さらに不運は重なり、21歳の時に交通事故に遭い、以来車いすでの生活を余儀なくされた。日立製作所入社に伴い秦野に転居。以前はエアブラシで描くイラストを特技としていたが、同社退職を機に、カメラを購入。カメラ友達と撮影に出向くうち、絞りやシャッタースピードなどの設定の面白さや、時間をかけて撮影地まで出向くことの楽しさを知り、すっかり写真の魅力に引き込まれた。

 ○…ほぼ一人で自動車を運転して撮影にでかけるが、ひとりで出かけられないような撮影地は家族にフォローしてもらうことも。現在写真集を編集中。「これからも沢山の写真集を制作したい。私の写真を見て癒される人がいたら嬉しい。今後も頑張って撮り続けたい」と話した。

フォルテ秦野内にオープン

企業主導型保育所やまゆりほいくえん

https://yamayuri-kodomoen.com/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

高橋 美智子さん

北公民館で開催のキルト講座で講師を務める

高橋 美智子さん

堀山下在住 67歳

2月26日号

小松 均さん

第35回障害者による書道・写真全国コンテストで金賞を受賞した

小松 均さん

曽屋在住 57歳

2月19日号

川向 妙子さん

秦野市の市民体操「はだのさわやか体操」を考案し指導してしている

川向 妙子さん

今泉在住 72歳

2月12日号

赤坂 美保子さん

県障がい者スポーツ指導者協議会秦野支部の支部長を務める

赤坂 美保子さん

寿町在住 70歳

2月5日号

小栁 勇斗さん

大学レスリング全国大会で3位になるなど活躍する

小栁 勇斗さん

秦野市出身 20歳

1月29日号

飯田 あや子さん

秦野市食生活改善推進団体(食改)の会長を務める

飯田 あや子さん

三屋在住 68歳

1月22日号

ヴィトンバッグの買取強化!

査定・出張無料の買取わかば小田急マルシェ秦野店

https://wakaba-shop.jp/

平塚市で介護・看護スタッフ募集

入居者と深くかかわるユニットケアを実践する職員を募集しています

http://www.shofukai.or.jp/ashitaba.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク