秦野版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

池田さん(大根中)と今本さん(鶴巻中) バトン全国で3位入賞

スポーツ

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
池田さん(右)と今本さん
池田さん(右)と今本さん

 全日本バトントワーリングジュニア選手権大会の第1回大会(昨年の延期大会)と第2回大会が3月下旬に大阪府で行われ、池田夢子さん(大根中2年・大会時1年)が「トゥーバトン女子ジュニアI部門」、「ペア部門」で今本怜伽(れいか)さん(鶴巻中1年・大会時鶴巻小6年)が入賞した。

池田さんが初の表彰台

 池田さんが両大会で出場したのはバトン1本を用いる「ソロトワール女子ジュニアI部門」と2本用いる「トゥーバトン女子ジュニアI部門」。

 第1回大会のソロトワールでは感染症対策でウォーミングアップがこれまでと異なっていたこともあり、緊張してあまり技がうまくいかなかったといい、39人中23位の成績だった。第2回大会のソロトワールでは細かい動きがスムーズにきまり54人中9位だった。

 一方トゥーバトンでは、両大会とも「バトンを落とす回数も少なく満足のいく演技ができた」と池田さん。結果は第1回大会が35人中6位入賞、第2回大会は39人中3位入賞と、全国で初の表彰台入賞に輝いた。

 池田さんは「表彰台に乗ることが目標だったので、達成できて良かった」と笑顔で話した。

今本さんは2部門で3位

 今本さんが出場したのは、「ペアアンダージュニア部門(第1回大会)」と「ペアジュニアI部門(第2回大会)」。ペアの鈴木心和(ここわ)さん(伊勢原中1年)とは結成して2年目と日が浅かったが、関東支部大会で好成績を残し、全日本の出場を決めた。

 小学4年生のときに全国の舞台を経験したという今本さん。そのときは28位で、今大会は8位入賞を目指して練習した。

 コロナ禍で練習場所が確保できず、個人練習が中心となった。ペアワークに苦戦したが、「お互いの動きを見て合わせるようにした」と振り返る。大会当日は”願掛け”で、先輩が全国大会で入賞したときに着用した衣装で出場。アンダーは17組、ジュニアIは34組が出場した中で、それぞれ3位に入賞した。

 今本さんは「緊張したけれど(ペアで振付を)合わせられた」とにっこり。「次はペアと個人の両方で全国大会で入賞したい」と目標を話した。

秦野版のローカルニュース最新6

69人が協力

69人が協力 社会

あづまLCが献血

5月14日号

球根掘りをお手伝い

球根掘りをお手伝い 文化

秦野戸川公園のチューリップ

5月14日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

4月18日〜5月1日

5月14日号

出品作品を募集

出品作品を募集 文化

秦野美術協会展

5月14日号

末松茂敏ピアノコンサート

末松茂敏ピアノコンサート 文化

タウンニュースホール

5月14日号

こころの健康について

専門医に聞く

こころの健康について 社会

今だから知っておきたいこと

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第2回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第2回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    5月14日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter