秦野版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

「母の日」前に出荷ピーク 市内のカーネーション農家

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
花の手入れをする櫛田さん
花の手入れをする櫛田さん

 5月9日(日)は母の日。秦野市内のカーネーション農家では、丹精込めて育てた良質な花を消費者に届けようと、収穫・出荷作業が進んでいる=4月26日取材。

 秦野市のカーネーション栽培は昭和初期から行われていたが、1960年頃から葉タバコ栽培の代替え作物として増加した。JAはだのによると、市内の生産農家は現在9軒で、年間出荷量は約150万本、県内シェア1位。東京や神奈川県内の市場に出荷しているほか、「はだのじばさんず」、関東圏内のイオン店舗でも販売している。

 JAはだの花き部会カーネーション部の部長を務める櫛田雅洋さんは、落合にある「櫛田農園」の2代目。先代が60年ほど前にイチゴ農家から転身し、カーネーション栽培を始めた。現在は約260坪の温室で、16品種・1万本以上を育てている。

 母の日はこれまで、一輪咲きの赤いカーネーションが人気だったが、最近は若い世代を中心に淡いピンク色や黄色などデザイン性に富んだ品種が好まれているという。

 また1本に多くの花がつく「スプレーカーネーション」が人気で、秦野市内でも生産量の6割を占めている。

 櫛田さんによると、「今年は全体的に生育が進んでいて、収穫が早い傾向にある」という。より綺麗な花を消費者に届けようと、芽摘みをしてまっすぐに育てるなど毎日手入れに余念がない。

 そんな愛情いっぱいのカーネーションの切花は、水をこまめに替え、水中で茎の下部を斜めに切って「水切り」をすることで「2〜3週間ほど楽しめる」と櫛田さん。「花を見て心を和ませてもらえば」と話す。

農家の奥さんがアレンジメント

 また市内のカーネーション農家では25年ほど前からギフト用のアレンメントも手掛けている。

 櫛田さんの農園では、妻の真弓さんが担当。特に母の日は約15本の花を使った「犬のプードル」が人気だという。「母の日が近づくと、作業で一日中かかりきりになる」と真弓さん。

 母の日のアレンジメントは、「はだのじばさんず」で販売している。
 

アレンジメントの一例
アレンジメントの一例

秦野版のトップニュース最新6

待機児童数が4人に減少

待機児童数が4人に減少 社会

解消に向けて施設整備の計画も

6月18日号

鳥獣被害にドローンが一役

鳥獣被害にドローンが一役 社会

「空の目」からの対策で効果

6月18日号

町工場の技術に大賞

町工場の技術に大賞 経済

五洋工業ら5社 魔法の鉄板フライパン開発

6月11日号

要注意4カ所を改善

秦野市内バス停

要注意4カ所を改善 社会

国土交通省調査結果でB判定

6月11日号

中学校給食関連など上程

秦野市

中学校給食関連など上程 社会

6月議会で12議案他審議

6月4日号

たばこ祭と市民の日中止

たばこ祭と市民の日中止 社会

コロナ影響で2年続けて

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

極楽寺でコンサート

極楽寺でコンサート

地域や芸術、寺など繫ぐ

6月27日~6月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter