秦野版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

初心者が楽しめる論語の本を執筆した 本多 勝昭(まさあき)さん 鶴巻南在住 72歳

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena

常に学びと恩返しの心

 ○…大河ドラマの影響でいま、改めて注目される「論語」。その論語との出会いは中学生のとき。「こんなに短い言葉で伝えられることがあるんだ」と衝撃を受け、研究を続けてきた。今回出版した本は、自身が学んだ経験から書き上げた一冊。「初めて触れる人に楽しく読んでもらえることを意識した。論語に興味を持つ人が増えれば嬉しい」と微笑む。

 ○…静岡県出身。農家に生まれ、家業の手伝いやアルバイトをしながら、都内の大学に進学した。学費を賄うため、講義以外の時間は働いた。「牛乳配達に清掃、たくさんの仕事をした。当時は大変だったけれど、今振り返れば貴重な経験」。そんな多忙な中でも「自分ができることは何でもしたい」と教員免許や車の大型免許など、様々な資格も取得。卒業後は神奈川県議の秘書を務めたのち、中学校の社会科教諭になった。40代に差し掛かる頃には、視野を広げようと家族と共にブラジルに渡り、現地の日本人学校で3年間教鞭をとるなど”常に学ぶ”教員生活を送った。

 ○…定年退職後から地域の子どもの登校を見守る活動を継続。「見守る大人が多いほど安心するから」と始めたが「こちらが元気をもらっている」と笑う。広畑ふれあい塾などで論語の講師を務めるほか、鶴巻で子どもの学習支援に取り組むなど、マルチに活躍。「地域に恩返しができれば」とうなずく。

 ○…座右の銘は「五事を正す」。論語を学んだ中江藤樹の言葉で、真心を込めて相手を想うことの大切さを説いているという。この信念が現れたかのように、終始穏やかな表情と話し方が印象的。子どもは独立し今は妻と愛犬のチワワの”2人と1匹”暮らし。ドライブも好きだが、孫と会うことが一番の楽しみ。

秦野版の人物風土記最新6

師岡 文男さん

聖火フェスティバルの企画運営に協力し、講演を行う

師岡 文男さん

名古木在住 67歳

7月23日号

長谷川 香織さん

「みんなの想火」プロジェクト神奈川会場を担う

長谷川 香織さん

鶴巻在住 31歳

7月16日号

今井 勉さん

秦野市県人会連合会会長に就任した

今井 勉さん

堀山下在住 74歳

7月9日号

菊地 繁雄さん

秦野市老人クラブ連合会の会長に就任した

菊地 繁雄さん

下大槻在住 84歳

7月2日号

齊藤 初依(うい)さん

「インハイ〜一票に想いを乗せて@高校生議会」を主催する学生団体E4代表に就任した

齊藤 初依(うい)さん

堀川在住 17歳

6月25日号

本多 勝昭(まさあき)さん

初心者が楽しめる論語の本を執筆した

本多 勝昭(まさあき)さん

鶴巻南在住 72歳

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter