秦野版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

小さな命から「食」を考える 元秦野版記者が処女作出版

文化

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
『しらすどん』を手にする最勝寺さん
『しらすどん』を手にする最勝寺さん

 絵本作家の最勝寺朋子さん(32)が7月、処女作となる作品『しらすどん』(岩崎書店・税込1540円)を発行した。

 最勝寺さんは小田原市在住。2013年にタウンニュース社に入社し、2019年まで秦野版の編集記者を務めた。絵本作家を目指して退職後は秦野在住の絵本作家、舘野鴻氏に師事し、デビューに向けて作品の制作に励んできた。

 デビュー作『しらすどん』は、しらす一匹一匹に命があり、人間は食事としてその命をいただいているという事にあらためて気づいた最勝寺さんが、主人公の男の子を通じて食べ物の大切さにフォーカスした作品。元記者らしい視点で「正しくリアリティのある情報を、しっかり読者に伝えたかった」と取材を重ね、海中の魚の様子を自身の目で見ようと、ダイビングのライセンスまで取得したという。

 同絵本の詳細は、岩崎書店のホームページで確認することができる。

秦野版のローカルニュース最新6

秦野たばこ祭2021 各地でメモリアル展示

小中学校等の短縮日課を継続

【Web限定記事】

小中学校等の短縮日課を継続 教育

緊急事態宣言延長に伴う秦野市内の小中学校等の対応

9月17日号

秦野事件簿

【Web限定記事】

秦野事件簿 社会

8月22日〜9月4日

9月17日号

秦野市立東公民館で写真展

【Web限定記事】

秦野市立東公民館で写真展 社会

「あなたが選ぶこの一枚」

9月17日号

ランチタイムコンサート「律の調べ」

【Web限定記事】秦野 最新ライブピックアップ

ランチタイムコンサート「律の調べ」 文化

東海大学前駅 ライブレストラン ミッシェル

9月17日号

上級者6人のピアノ演奏

上級者6人のピアノ演奏 文化

10月3日 クレッセントコンサート

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook