秦野版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

15周年を迎えた秦野市観光ボランティアの会の会長を務める 小川 秀晴さん 上今川町在住 71歳

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena

15周年企画に込めた思い

 ○…会主催の企画ガイドや依頼ガイドを中心に、たばこ祭の案内など市の行事の手伝いを行う。15年の節目になる今年は、10周年の時に好評だった「矢倉沢往還道」を赤坂から沼津まで歩く特別企画を復活。「コロナ禍でスケジュール変更の可能性はあるが、スムーズにできるよう内部研修や下見、誰が何を担当するか細かいところを詰めるなど準備を進めています」と話す。

 ○…入会は2013年。60歳で定年後、別会社で働いている時に市主催の講座を見かけたのがきっかけだった。土曜の講座だったため受けることが可能で、「ずっと秦野に住んでいるのに地元のことを知らない。これを機に知識を付けて案内ができたら」と飛び込んだ。2年ほどして仕事を辞めたのを機に、当時の会長から頼まれ役員に。以降、精力的に活動に参加している。

 ○…生まれは今泉。南小、南中、秦野高校卒の生粋の秦野人。現役時代に都内の旅行会社で働いていた経験や、生まれ育った秦野の変遷を見てきた知識は今の活動に役立っている。今は庭づくりが趣味で、ホームセンターで買ってきた花を植えたりしているそう。「たくさん植えているから、この時期は水やりが大変で」と大きく笑う。

 ○…「10周年の時にこの企画を考えたのは、もう亡くなってしまった大先輩。追悼の意味も込めている」と今回のガイドへの思いを語る。また、この時を知る人も減ってしまったため、再度実施することで新しい会員に経験を積んでもらい、会の活動に継続性を持たせるという目的もある。「現在会員は48人いるが、実質稼働しているのは半数程度。今後はもっと楽しみを持ってもらえる機会を作り、参加者を増やしていきたい」と意気込みを語った。

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

守屋 真一さん

秦野市内の魅力を再発見するイベントを企画している

守屋 真一さん

柳川出身 31歳

10月22日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook