秦野版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問 古木勝久(3期目) 環境都市常任委員会委員

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena

■矛盾だらけの堀水路の問題 市民の声を反映した災害対策を

 令和元年10月12日の水害は想定外ではない。堀水路は過去に水害の歴史があり、暗渠(あんきょ)上の公共残土等が多分に影響していると考える。

問 7月12日に、神奈川県環境部環境調整課と本市は、堀水路の暗渠上の廃棄物について現地調査をしているが、地元自治会には連絡をせず、また結果も報告されていない。その理由は何故か。

答 調査の目的は議会への報告のためであり、県の見解を踏まえ、検証したものである。

問 何らかの理由があるにせよ、地域の主権を無視した対応である。調査の方法はどのようか。また県の見解は書面で届いているのか。

答 目視による調査で、口頭による報告である。

意見 今後は地元自治会の要望である再調査に取り組んでいただきたい。

■新型コロナ対応では感染傾向の 公表と分かりやすい支援や対策を

 新型コロナ対策では、傾向を公表し対策を講じることが不可欠である。近隣他市より公表される情報量が少ない。災害と同様に分かりやすく、支援に繋がる対策を講じていただきたい。

答 県が公表した情報を分かりやすく市民に提供するように努めていく。

問 自宅療養者や濃厚接触者のための「相談から支援」の対応手順を示して欲しい。

答 自宅療養者などが安心して生活できるよう検討していく。

■社会教育施設としての 公民館の在り方の見直しを

 市役所機能がある連絡所は便利であるが、本市の公民館は、文部科学省が求めている公民館像や法律で定められている役割を果していない。職員は全て非正規で多忙化を極めている。本市に公民館が誕生し、半世紀が過ぎたが、公民館の在り方に関する総括がない。今回の質問では公民館の見直しを求めた。

問 公民館の業務量を把握しているか。

答 調査に基づいた業務量を把握していない。

意見 本市は公民館の所管が市長部局にある。県内19市中、13市が教育委員会であり、関連した法令や行政運営の一貫性から、公民館の在り方を見直すべきと考える。

古木勝久議員

秦野市南が丘2の2の22の203

TEL:090-6010-7129

http://a-n.co.jp/furuki/katsuhisa.html

秦野版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍身を切る改革で市民に還元を!

意見広告vol.5

コロナ禍身を切る改革で市民に還元を!

市民がつくるはだの未来 代表 さとう伸一

12月3日号

コロナ禍 緊急時に最優先すべきことは何か!

意見広告vol.4

コロナ禍 緊急時に最優先すべきことは何か!

市民がつくるはだの未来 代表 さとう伸一

11月26日号

コロナ禍 なぜ市役所にこれほどの幹部が必要か?

意見広告vol.3

コロナ禍 なぜ市役所にこれほどの幹部が必要か?

市民がつくるはだの未来 代表 さとう伸一

11月12日号

地産地消と学校給食について

9月定例会 議会報告

地産地消と学校給食について

秦野市議会議員 無所属 伊藤大輔

10月29日号

「コロナ窮地」から救える政治家は誰か!

意見広告vol.2

「コロナ窮地」から救える政治家は誰か!

市民がつくるはだの未来 代表 さとう伸一

10月29日号

古木勝久(3期目)

市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

古木勝久(3期目)

環境都市常任委員会委員

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook