秦野版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

地域の力で15年 上小の稲作体験

コミュニティ社会

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena
後列左から和田利一さん、鶴野徹さん、和田昭子さん、須藤政一さん、須藤勉さん、細川憲一郎さん
後列左から和田利一さん、鶴野徹さん、和田昭子さん、須藤政一さん、須藤勉さん、細川憲一郎さん

 秦野市立上小学校では毎年5年生と上幼稚園生が代掻きから田植えや稲刈り、脱穀までを体験する稲作の活動が行われている。その体験活動を支えているのが地域の人たちだ。

 約15年前、当時の学校長だった故・和田義雄さんが「児童に体験させたい」と始めたのがきっかけ。妻の昭子さん(85)も手伝い、和田さんが所有する約2アールの田んぼを離農した今も子どもたちのために提供し続けている。昭子さんと一緒に田んぼを管理しているのは隣に田んぼを持つ須藤勉さん(75)。自身の田んぼの獣害除けの柵を児童らの田んぼにも伸ばし、動物に荒らされないようにしている。

 また、子どもたちが体験する田植えや稲刈り、脱穀の際には近隣に住む和田利一さん(76)、鶴野徹さん(73)、細川憲一郎さん(72)、須藤政一さん(47)、多田信行さん(78)も活動をサポート。取材に行った10月21日には学校で足踏み脱穀機を使った脱穀の体験が行われ、子どもたちは「楽しかった」と笑顔を浮かべていた。昭子さんは「子どもたちの成長を感じられるのが楽しい。学校が体験活動を続ける限り、私も続けていきたい」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6

合格願うお米今年も

合格願うお米今年も 社会

じばさんずで祈願祭

12月3日号

除菌スプレーを寄贈

飲食店組合

除菌スプレーを寄贈 社会

戸川の松下園に

12月3日号

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック 文化

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月3日号

写るん会写真展

犯罪に強いまちづくり、交通死亡事故ゼロめざして

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に

【web限定記事】秦野西小、西中学校出身の塗装技能士・綾部淳さん

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に 社会

今年度「かわさきマイスター」の認定受ける

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook