秦野版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

(PR)

秦野市社協 ”一日一福”しませんか? 11月30日からキャンペーンチラシ全戸配布

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
回収ボックスと社協職員
回収ボックスと社協職員

 もっと気軽にできる福祉活動を広め、多くの人に参加してほしい…そんな想いで、秦野市社会福祉協議会が今回初めて実施した「一日一福キャンペーン」への参加を呼びかけている。期間は12月15日(水)まで。

 キャンペーンの対象は秦野市在住・在勤・在学者。「いちにち、ひとつの福祉活動。わたしも幸せ×誰かも幸せ」を合言葉に、社協が作成した身近な活動メニュー例を参考に参加者が「福祉活動」に取り組む。取り組んだ活動と感想はキャンペーンチラシに記入し、回収ボックスに投函。活動は1人でも、家族や仲間などグループで取り組んでも良いという。

 報告用のキャンペーンチラシは、11月30日(火)から12月上旬までの間に「社協はだの号外」として社協の紹介と共に全戸配布されることになっているほか、社協のホームページからもダウンロードが可能。回収ボックスは、社協窓口(秦野市緑町16の3秦野市保健福祉センター1F)、各公民館、図書館、各駅連絡所に設置されている。

 また、全戸配布チラシでの報告のほかにも、社協ホームページの報告フォームからの投稿や、ツイッター・フェイスブック・インスタグラムに「#一日一福キャンペーン」のタグをつけて取り組んだ活動・写真・感想をコメントすることでも可能となっている。

もっと気軽に

 「福祉活動というと『難しいもの』と思ったり、自分には関係ないと思っている方もいると思います。そんな方にも福祉はもっと身近で、もっと気軽に参加できるのだと知ってもらえたら」と社協担当者は話す。

 福祉とは『幸せ、豊かさ』のこと。福祉活動が自分や周りの人の幸せを作り、豊かに暮らせる社会を作るという。社協ではそんなまちづくりをめざし、今回キャンペーンとして実施することで「きっかけづくり」となることを期待している。

 取り組みの指針となる活動メニュー例には「家族におはようと自分からいう」「近所の人にあいさつをする」「駅や建物の中に点字の表示を探してみる」「分別・リサイクル活動に取り組む」など、すぐにでも始められることも多く掲載されている。担当者は「福祉活動が多くの皆さんの参加により広がっていけば」と話していた。

 集まった報告内容は、2022年1月頃に社協のホームページなどで結果発表が行われる予定。問い合わせは秦野市社会福祉協議会【電話】0463・84・7711へ。

秦野市社会福祉協議会

秦野市緑町16-3 秦野市保健福祉センター内

TEL:0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

秦野版のピックアップ(PR)最新6

広がれ、福祉のこころ

秦野市社協

広がれ、福祉のこころ

「一日一福(いちにちいっぷく)キャンペーン」結果報告

1月28日号

生協と農協の交流 地域で本格化

パルシステム神奈川とJAはだの

生協と農協の交流 地域で本格化

県内初の連携事業が活発

1月28日号

「定期的な内視鏡検査を」

胃がんや大腸がんを早期発見するために 医療レポート

「定期的な内視鏡検査を」

取材協力/伊勢原協同病院

1月28日号

今が旬!美味しいイチゴ食べ放題

今が旬!美味しいイチゴ食べ放題

「みどりやファーム」で5月下旬頃まで

1月28日号

家族葬専用ホール月・星・たんざわ

家族葬専用ホール月・星・たんざわ

準備・費用・ご希望に沿った葬儀プランをご提案

1月28日号

伝統芸能や遊びにふれる

2月11日

伝統芸能や遊びにふれる

「こども歳時記」が横浜で

1月21日号

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook