秦野版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

東海大学前「ゴロー」 「家庭のカレー」提供し半世紀 惜しまれつつ歴史に幕

社会

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
「おばちゃん」と親しまれてきた山崎さん
「おばちゃん」と親しまれてきた山崎さん

 半世紀超にわたり東海大学の学生の胃袋を満たしてきた「カレーとコーヒーの店ゴロー」。惜しまれれつつ今年1月末に閉店するという。

 この店をずっと一人で切り盛りしてきたのが山崎静子さん(85歳・南矢名)だ。東京生まれの山崎さん。戦争中は長野への疎開生活を経験し戦後は仙台で農業を始めた。裁縫が得意だったことから再び上京し、都内で洋裁教室に携わった。ホテルマンの夫と結婚し、農業時代に知り合った女性との縁で、秦野の地へ。「この場所なら飲食店しかない。学生が食べたいものと言えばカレーだ」という夫からのアドバイスでお店を始めたのが1968年。

 「全くの素人から始めたんだから」と元気に笑う山崎さん。夫に連れて行ってもらい各地のカレーを食べ歩いて研究、辿り着いたのは「やっぱり家庭の味、お母さんのカレー」だった。看板メニューは野菜とチキンの「ヘルシーカレー」とスパゲッティーミートソース。飾らないその味を楽しみに、これまでに数えきれない学生たちが足繁く通った。

 カウンター越しに食事する学生たちの相談にも乗ってきた。常連客の中には大学の職員もいるため、悩める学生との橋渡しをしたこともある。付き合いは卒業後も続く。ある日OBのひとりが突然店を訪ねてきて「おばちゃんのカレー食べて元気を付けて、これから彼女にプロポーズしてくる」と宣言して店を出ていった人もいたそう。年賀状のやり取りは毎年150枚にも及ぶ。今年の年賀状で閉店を知らせたら、その反響は全国から続々。「これなんか、わざわざ送っていただいたのよ」と、店に飾られた花を見せてくれた。

 「東海大学の学生はみな優しい。お店がいやだと思ったことは一度もないし、体調が悪くてお休みしたこともないの。でも多少余力があるうちにね...」と少し安どの笑顔を見せつつ話した。

秦野版のローカルニュース最新6

マスクコード1千本配布

マスクコード1千本配布 社会

麺処よつかど・岡本店主

5月27日号

旧南秦野村をめぐる

旧南秦野村をめぐる 文化

6月4日 見て歩き参加募集

5月27日号

6月イベント情報

万葉の湯 はだの館

6月イベント情報 社会

5月27日号

知って安心ヤマビルの秘密

知って安心ヤマビルの秘密 社会

くずはの家が観察会

5月27日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

5月8日〜5月14日

5月27日号

口腔がんとコロナの共通点

太田嘉英教授が口腔ケア講演会 秦野伊勢原歯科医師会

口腔がんとコロナの共通点 社会

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第5回・目指すは九州 ラーメン修行の旅へ

    5月27日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第4回・27歳まで僕は「逃げ続けた」

    5月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook