秦野版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

(PR)

パルシステム神奈川とJAはだの 生協と農協の交流 地域で本格化 県内初の連携事業が活発

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
秦野の魅力を知る七福神巡りには県内から約40人が参加
秦野の魅力を知る七福神巡りには県内から約40人が参加

 生活協同組合パルシステム神奈川(本部・横浜市港北区)とJAはだのが連携して地域振興を目指す事業を進めている。消費者と生産者、双方の”組合員”による交流で秦野エリアの活性化を図ろうという取り組みだ。

 両者は2019年に連携協定を締結。これにより、宅配事業を利用するパルシステム神奈川の組合員約35万人と秦野市内の生産者を結んだ地域づくりを目指している。生協と農協の連携は県内初の試み。

 新型コロナウイルス感染症が一旦落ち着いた昨秋から連携活動が本格化。10月には両者の共催で「秦野市内ウォークラリー7Km〜七福神巡り〜」が開催された。

 緊急事態宣言解除後ということもあり横浜方面など遠方の参加者も多く、神社仏閣に加え、震生湖などの市内ビューポイントなども織り交ぜた、秦野満喫のコースを巡った。

組合の価値を発信

 昨年12月には秦野市内でパルシステム神奈川の理事と職員による援農体験を実施。地元生産者から葉物野菜の収穫を学んだほか、シクラメンやアボカドのビニールハウス、直売所「じばさんず」の様子を見学した。パルシステムでは今後、市内での援農体験を職員研修に取り入れることなども視野に検討を進めていくという。

 宮永均JAはだの代表理事組合長は「協同組合同士が相互理解を深め、その価値を県域全体に発信していくことが大切」と話していた。

援農体験を行うパルシステム職員
援農体験を行うパルシステム職員

生活協同組合パルシステム神奈川

神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-16 新横浜交通ビル

TEL:045-470-1154

https://www.palsystem-kanagawa.coop/

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

秦野版のピックアップ(PR)最新6

「ひよこチーム」スタート

未就園児のための つるまき幼稚園

「ひよこチーム」スタート

5月13日号

極上のバターチキンセット

ほりかわ珈琲店

極上のバターチキンセット

期間限定 平日ランチで特別価格に

5月13日号

「ホビー品」高価買取中!

鉄道模型、ミニカー、プラモデル…

「ホビー品」高価買取中!

買取店わかば小田急マルシェ秦野店

5月13日号

夏に向け計画的に免許取得

夏に向け計画的に免許取得

感染症対策万全の地元教習所で

5月13日号

鶴巻温泉病院 鈴木院長講師に講演会

秦野あづまライオンズクラブ40周年記念

鶴巻温泉病院 鈴木院長講師に講演会

5月13日号

事前相談で葬儀の不安を解消

事前相談で葬儀の不安を解消

家族葬から一般葬までご希望に沿った葬儀プランを提案

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

  • 新年度当初予算が成立‼

    コロナ対策に重点を置き「地域再生」を目指す 県議会報告㉘

    新年度当初予算が成立‼

    神奈川県議会議員 神倉ひろあき

    5月6日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第2回・暴走族になり、高校は退学へ

    5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook