ドイツからの帰国記念リサイタルを開く注目の若手ピアニスト樋口 舞さん南矢名在住 28歳

掲載号:2017年9月29日号

  • googleplus
  • LINE

心に響く音色 届けたい

 ○…奏でる音色が誰かの心に響きますように――。約3年間のドイツ留学を経て、8月下旬に帰国。記念リサイタルを9月30日に海老名市文化会館で開く。「このような機会をいただき感謝しています。ドイツで学んできた世界観を伝えることに全力を注ぎたい」と、感謝を込めて、上質で繊細なピアノの旋律を届ける。

 ○…母がピアノ講師だったため、物心ついた頃から生活の一部にピアノがあった。3歳から近所のピアノ教室に通い、小学校入学時には二俣川にある有名教室へ。迎えの車中でおにぎりを食べ、母と一緒に電車に乗り、毎週2回教室へ通う。「楽しかった」というが、小学4年で周りとの力の差に愕然。コンクールで成果も出ず、しかし、会場で見ず知らずの人から”あなたの演奏とっても良かった”と声を掛けられることも多かった。「それなら自分のペースでやれるところで続けよう」と渋沢にある教室に通い始め、大学入学までそこで腕を磨いた。

 ○…高校2年の冬、「自分が誇れるものはピアノ」と音大に進むことを決意。猛勉強の末、桐朋学園大学音楽学部に入学。コンクールでは様々な大会で華やかな成績を残し、卒業演奏会へも抜擢された。その後は大学院へ。そして、留学への夢を叶えるために一念発起。全世界から約600人が受験し、10人未満しか合格しないという狭き門を見事突破し、ドイツのライプツィヒ音楽大学修士課程を首席で卒業した。「練習しすぎてスランプになった時期もありましたが、人間的にも音楽性も大きく成長できた気がします」と笑顔に。

 ○…「芸術家になりたい」という。ピアノはその表現方法のひとつ。「”生きる目的”なんて言ったら大げさですけど、ピアノは私の一部なんです」。来年にはバッハ国際コンクールへの挑戦も予定している。つねに音楽と真摯に向き合ってきた。その時、その瞬間に感じた想いを音色に乗せて会場全体に響かせる。

  • googleplus
  • LINE

秦野版の人物風土記最新3件

  • 古谷 光一さん

    秦野市交通安全協会の会長に就任した

    古谷 光一さん

    羽根在住 69歳

    7月13日号

  • 古谷 慶一さん

    神奈川県理容生活衛生同業組合の常任理事に就任した

    古谷 慶一さん

    文京町在住 57歳

    7月6日号

  • 松本 茂さん

    (公社)神奈川県宅地建物取引業協会・湘南中支部長に就任した

    松本 茂さん

    伊勢原市在住 68歳

    6月29日号