神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • MailBan
  • Twitter
  • Facebook
  • RSS

「社会」の記事一覧(82239件)

  • 3月末まで休市

    三崎朝市

    3月末まで休市 社会

     三崎朝市協同組合は、3月22日(日)・29日(日)の朝市開催を中止すると発表した。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う来場者の安全確保...(続きを読む)

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 美しい海、市民の力で

    美しい海、市民の力で 社会

     市民団体が主催する毎月恒例のビーチクリーン活動が、市内各所の海岸で行われる。4月の日時と集合場所は以下のとおり。 ▽三戸浜/4月4日(...(続きを読む)

    4カ所で清掃活動

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 「良質な水を次世代に」

    (株)エム・ワイ・ケー

    「良質な水を次世代に」 社会

     神奈川県内を中心に「美容室イレブンカット」を展開する(株)エム・ワイ・ケー(吉楽裕社長、藤沢市)は昨年11月11日、県が良質な水の安定的な確保を目的に行ってい...(続きを読む)

    県に111万円寄付

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 憲章普及へコラボ

    憲章普及へコラボ 社会

     「ともに生きる社会かながわ憲章」の認知度向上をめざす神奈川県はこのほど、横浜ビール(横浜市中区)協力の下、オリジナルデザインの瓶に入った「かながわリスペクトビ...(続きを読む)

    神奈川県と横浜ビール

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 水面に揺れる光のカーテン

    水面に揺れる光のカーテン 社会

     城ヶ島大橋で、今月8日からライトアップが行われている=写真。 橋の全長は575mで、中腹部分に213個のLEDライトを設置。赤・白・緑...(続きを読む)

    城ヶ島大橋ライトアップ

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 海照らす新シンボル完成

    安房埼灯台

    海照らす新シンボル完成 社会

     老朽化に伴い建て替え工事が行われていた城ヶ島の安房埼灯台が完成し、今月8日から運用が始まった。 「城ヶ島観光のシンボルとなる親しまれる...(続きを読む)

    「三浦の野菜」をイメージ

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 三浦半島と南房総を周遊

    サイクルスタンプラリー

    三浦半島と南房総を周遊 社会

     三浦半島と房総半島をエリアとしたスケール感のあるサイクルスタンプラリーイベントが行われている。期間は4月29日(祝)まで、参加無料(フェリー代・飲食代ほかは自...(続きを読む)

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 歩行の採点で転倒予防

    歩行の採点で転倒予防 社会

     “歩きの見える化”で要介護になる原因のひとつ、転倒のリスクを減らして健康寿命を延伸―。神奈川県の未病改善の取り組みの一環として、機能訓練特化型デイサービス「ア...(続きを読む)

    県が実証事業

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 畑で繋がる生産者と消費者

    畑で繋がる生産者と消費者 社会

     三浦野菜や農業の魅力、農家の現状を知ってもらおうと、収穫期を迎えた畑を活用したイベントが高円坊の「スズカク農園」で行われている。収穫体験やヨガ教室などを企画し...(続きを読む)

    「イベント通して農業知って」

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 地域福祉を自分ごとに

    三浦市社協

    地域福祉を自分ごとに 社会

     三浦市社会福祉協議会は昨年7月に策定した「第4次三浦市地域福祉活動計画」をまとめた冊子をこのほど発行した。 地域社会を構成する個人・団...(続きを読む)

    第4次活動計画を冊子化

    2020年3月20日号

    三浦版

  • “書庫寺子屋”を居場所に

    “書庫寺子屋”を居場所に 社会

     三崎の書庫「空紙堂(そらしどう)」を開放し、近隣に住む休校中の子どもたちに居場所を提供する取り組みが行われた。預け先に苦慮する共働きやひとり親世帯の不安を解消...(続きを読む)

    休校受け、有志が開放

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 御利益は「疫病退散」

    御利益は「疫病退散」 社会

     新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、被害が拡大するなか、感染予防や終息を祈願する人が訪れる神社がある。 三浦半島の総鎮守として知...(続きを読む)

    三崎の疱瘡神社

    2020年3月20日号

    三浦版

  • 体験型農園で説明会

    体験型農園で説明会 社会

     農家の指導のもとで利用者が農作物の栽培や収穫を行う体験型農園「名水湧く湧く農園」(市内平沢)で3月1日、入園説明会が行われた。 体験型...(続きを読む)

    多くの入園者が来場

    2020年3月20日号

    秦野版

  • 夜桜をライトアップ

    夜桜をライトアップ 社会

     夜桜ライトアップが今年も行われている。カルチャーパーク前、ソメイヨシノの桜並木が続く水無川右岸河川敷では投光器で約700mに渡ってライトアップ。約2000本の...(続きを読む)

    3月31日まで2カ所で

    2020年3月20日号

    秦野版

  • 50代男性、初の感染確認

    茅ヶ崎市保健所管内 新型コロナウイルス

    50代男性、初の感染確認 社会

     神奈川県と茅ヶ崎市は3月15日に県庁で合同記者会見を開き、茅ヶ崎市保健所管内の茅ヶ崎市または寒川町に住む50代の男性1人が、新型コロナウイルスに感染したことを...(続きを読む)

    2020年3月20日号

    茅ヶ崎版

  • 陽性患者数や属性公開

    陽性患者数や属性公開 社会

     神奈川県は3月11日、県内の日ごとの陽性患者数や属性などを集約した「新型コロナウイルス感染症対策サイト」を開設した。 サイト内では、最...(続きを読む)

    県が特設サイトオープン

    2020年3月20日号

    茅ヶ崎版

  • ボランティアの基本を学ぼう

    受講生募集

    ボランティアの基本を学ぼう 社会

     ボランティア活動について学ぶ「ボランティア大学」が、5月8日(金)から6月19日(金)までの全7回、さがみ農協ビル5階大会議室(新栄町13の44)で開かれる。...(続きを読む)

    2020年3月20日号

    茅ヶ崎版

  • 「コロナストレスの息抜きに」

    幸町こども食堂

    「コロナストレスの息抜きに」 社会

     臨時休校に伴い、ストレスを抱える子どもや保護者らの息抜きになればと、幸町こども食堂「おいしいね」が3月10日、ホットドッグとおにぎりの無料配布を行った。...(続きを読む)

    2020年3月20日号

    茅ヶ崎版

  • コロナ迅速検出法

    県衛生研が理化学研と開発 下町屋

    コロナ迅速検出法 社会

     小出川の河岸にある県衛生研究所(茅ヶ崎市下町屋)が、理化学研究所(埼玉県)と新型コロナウイルスのスピーディーな検出試薬を開発した。 衛...(続きを読む)

    2020年3月20日号

    茅ヶ崎版

  • 災害時営業ひと目で判断

    市薬剤師会

    災害時営業ひと目で判断 社会

     (一社)川崎市薬剤師会(嶋(しま)元(はじめ)会長)は11日、市内会員薬局全435店で一斉防災訓練を実施した。各店舗の店先には「開局中」と書かれたイエローフラ...(続きを読む)

    開局中イエローフラッグ

    2020年3月20日号

    高津区版