• MailBan
  • Twitter
  • Facebook
  • RSS

川崎市が発行する「グリーンボンド」への投資について

2021年8月6日

株式会社タウンニュース社

川崎市が発行する「グリーンボンド」への投資について

 株式会社タウンニュース社(代表取締役/宇山知成、本社/横浜市青葉区)は本日、川崎市が発行するグリーンボンド(第1回川崎市グリーンボンド5年公募公債、以下本債権という)への投資を決定しましたのでお知らせします。

 本債権の発行による調達資金は、2050年の二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロの達成(緩和)と気候変動に起因した自然災害による被害の回避・軽減(適応)に向けて、川崎市が取り組むための下表の環境施策に充当されます。

 タウンニュース社では、今後も行政等との連携を進め社会的課題の解決につながる事業の促進を図ると同時に、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成への貢献を果たしてまいります。

本債権の概要

銘柄 第1回川崎市グリーンボンド5年公募公債
年限 5年
発行額 50億円
発行日 2021年8月18日(火)

資金使途の概要

分類 事業内容
橘処理センター整備事業 汚染防止及び管理
エネルギー効率
本庁舎等建替事業 グリーンビルディング
環境配慮技術導入事業 エネルギー効率
五反田川放水路整備事業 気候変動への対応
持続可能な水資源及び廃水管理

「グリーンボンド」とは、気候変動の緩和・気候変動への適応に資するプロジェクトなどの資金調達のために発行される債権のことであり、ESG(1)投資の対象となります。本債権は、ICMA(International Capital Market Association/国際資本市場協会)が定義するグリーンボンド原則2021、環境省グリーンボンドガイドライン2020年度版に適合性について、株式会社日本格付研究所から検証を受けており、最上位評価の「Green1(F)」を取得しております。

(1)ESGとは環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の頭文字を取った言葉。ESG投資はこれらの要素を重視・選別して行う投資のこと

*川崎市ホームページ:
https://www.city.kawasaki.jp/230/page/0000130339.html

以上

株式会社タウンニュース社
代表取締役 宇山 知成
横浜市青葉区荏田西二丁目1番3号
TEL:045-913-4111(代)