神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • Twitter
  • Facebook
  • RSS

PR TIMES(プレスリリース) 公開:2024年5月24日 公開:2024年5月24日

「鎌倉インテル × 湘南信用金庫 × NEXYZ.」の3社によるCO2排出削減および脱炭素化とスポーツ支援で鎌倉エリアの「こどもの未来」を明るくする独自連携がスタート!

  • LINE
  • hatena
鎌倉インターナショナルFC
鎌倉インターナショナルFC(通称:鎌倉インテル、所在地:神奈川県鎌倉市、代表:四方健太郎)は、湘南信用金庫(所在地:神奈川県横須賀市、理事長:鷲尾精一)および株式会社NEXYZ.(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:大前成平)と連携し、地域の企業に対し、LED照明をはじめとした省エネ設備の導入を通したCO2排出削減・脱炭素への取組みの支援を開始しましたので、お知らせいたします。 本取組みでは、湘南信用金庫が取引先中小企業に株式会社NEXYZ.の「ネクシーズZERO」をご案内し、成約した場合にはサービス料金の一部が「鎌倉インテルこども未来基金」に拠出されます。



取組開始日


2024年5月24日

取組内容


経済面・環境面において省エネ設備などへ設備投資がせまられる中小企業や小規模事業者の課題に対応するため、一括では購入しにくい業務用設備を初期投資0円、月々の固定料金のみで導入できるサービス「ネクシーズZERO」を湘南信用金庫がご案内し、お客様のコスト削減や、CO2排出量削減による脱炭素化を支援します。「ネクシーズZERO」のサービス料金の一部を「鎌倉インテルこども未来基金」に拠出し、鎌倉の子どもたちや指導者を対象としたスポーツ教育、国際教育、環境教育の充実に活用させていただきます。

「ネクシーズZERO」概要


・各種設備(LED照明、空調設備、ハウス農業用設備等)を、初期投資0円、月額サービス料形式で導入することが可能です。
・設備導入のコンサルティングは、株式会社NEXYZ.の「設備戦略プランナー」が、顧客に対して見積書の作成からCO2排出削減量の試算・商品選定・仕入れ・工事手配・施工管理・アフターサポートまでを一貫して行っています。
・契約期間中の月額サービス料の支払い完了後は所有権がお客様に移転します。

「鎌倉インテルこども未来基金」概要


「鎌倉インテルこども未来基金」は鎌倉から子どもたちに誇ることのできる未来を創造し、世界で活躍できる人材を輩出することを目的に設立されました。当基金を通じてご支援をいただいた支援金は、鎌倉の子どもたちや指導者を対象としたスポーツ教育、国際教育、環境教育の充実に活用させていただきます。

https://kamakura-inter.com/children-future-fund


その他


「ネクシーズZERO」は、設備投資の需要がありながら資金面がネックとなっている事業主に対しNEXYZ.社の資金により初期投資オールゼロで設備導入を可能とすることから、「エンベデッド・ファイナンス(組込み型金融)」と位置づけられています。

【鎌倉インターナショナルFC】 https://kamakura-inter.com


運営:鎌倉インターナショナル株式会社
所在地:〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船1-12-10 湘南第5ビル4F NEKTON大船 #01
ホームグラウンド:〒247-0063 神奈川県鎌倉市梶原634-1 みんなの鳩サブレースタジアム
代表:四方健太郎
鎌倉インターナショナルFC(通称:鎌倉インテル)は、世界のスポーツのなかで最も競技人口と観戦者数が多いサッカーを通じ、日本を国際化することを目指して2018年1月に設立しました。今季、神奈川県社会人サッカーリーグ1部で戦い、力をつけ、近い将来のJリーグ参入を見据えています。ビジョンは“CLUB WITHOUT BORDERS”。性別、年齢など、あらゆるものに “BORDER(境界線)”をもたないサッカークラブを作り上げます。同時に海外で活躍する選手や人材を育成し、鎌倉発のグローバル人材を輩出していきます。
ホームグラウンドのみんなの鳩サブレースタジアムは、人工芝のフルサイズのサッカーピッチ(102メートル×64メートル)と、約1000平方メートルのパークを併設した、日本では過去に例を見ない、「民費民地民設民営」によるスタジアムです。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

公式アカウント

  • MailBan
  • Twitter
  • Facebook
  • RSS

ソーシャルメディア情報