金沢区・磯子区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

関東学院大学学生 地域と作るFM開局へ 株主ら募り、来年春に

社会

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena
社長を務める松原さん(左から2人目)と設立委員会のメンバーら
社長を務める松原さん(左から2人目)と設立委員会のメンバーら

 関東学院大学(金沢区六浦東)の学生らはコミュニティFMの開局を目指し6月1日、運営会社「金沢シーサイドFM」を設立した。16日に記者会見を行い、地域情報や防災情報を発信するコミュニティFMの立ち上げを発表。事業説明のほか株主やスタッフの募集を呼びかけた。2022年春の開局を目指す。

 金沢シーサイドFMが掲げる目標は、金沢区に特化した地域情報を発信することで、「まち全体を元気にする」メディアだ。また、災害時にもピンポイントで防災・災害・被災情報を伝え、減災メディアとしても力を発揮したいと意気込む。

 共同代表取締役社長を務めるのは、曾祖父の代から続く区内飲食店で生まれ育った松原勇稀さん(3年)と、IT企業の代表取締役社長で区内出身の尾澤仁虎瑠さん。開局に向けて活動してきた同大経済学部伊藤ゼミナールの学生が20年に立ち上げた設立委員会と連携し、免許申請やアンテナ設置、スタジオ立地検討、防災減災対応の仕組みづくりのための準備を進めている。

 開局に必要な資金は最低でも3千万円と見積もる。同社はスポンサー収益と地元有志の出資による100%民間資本での開局を計画している。広く株主を募るのは、「地域にこだわったメディアだから地域の皆さんと一緒に作ることに意義がある」と考えたから。コミュニティ放送事業は採算がとりにくいとされているが、黒字経営のノウハウを持つ他地域のコミュニティFM局の経営指導を受け、継続的な運営につなげたい考えだ。

 松原さんは「一人でも多くの地域の方に、ぜひ地域のFMを実現させる活動に加わっていただきたい。様々な形で応援してください」と呼びかける。問い合わせは【メール】info@kanazawa-seasidefm.co.jpへ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

磯子・金沢 日帰り44%増

観光入込客数

磯子・金沢 日帰り44%増 経済

回復傾向もコロナ前に届かず

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

元銭湯を「交流場」に再生

金沢区富岡東

元銭湯を「交流場」に再生 社会

地元企業がプロデュース

6月16日号

ひきこもり相談窓口開設

中高年向け

ひきこもり相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

創立50周年を祝う

横浜市金沢団地協同組合

創立50周年を祝う 経済

通常総会と記念祝賀会

6月9日号

堀割川いそご桟橋が完成

堀割川いそご桟橋が完成 社会

磯子・八幡橋下流に親水施設

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに寄り添って

子どもに寄り添って

金沢区で7月に講座

7月4日~7月25日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook