TOPへ戻る

神奈川県全域・東京多摩地域の
地域情報紙

イメージ

タウンニュースって
なに?

タウンニュースは行政区単位に細分化された地域密着型の無料紙です。発行エリアは現在、神奈川県全域と東京多摩地域。フリーペーパーでありながら、身近なニュースを生活情報とともにお届けする「地域の新聞」を標榜しています。

イメージ

価値ある情報を無料で各家庭に配布

タウンニュースは全43地区に計203万部(196万部折込+7万部配架)を発行。地域ごとに内容が全く違うニュースや生活情報等を新聞折り込みで各家庭に週刊(一部隔週)で無料配布しています。

約7割の読者が家族で回読

なんと70%以上の読者から「毎号必ず読む」との回答を得ました。次いで「ほぼ毎号」が19%。保存率は「次号の発行まで」が26%(発行地域により1~2週間)と、"一度読んで終わり"ではないのも特長です。切り取って保存する方も多く(42%)、熱心な読者の中には地元の資料として2年間保存している方もいます。

イメージ

比類のない
地域密着紙面

タウンニュースの特長の一つは他のフリーペーパーと比べ、紙面における一般記事の割合が圧倒的に高いという点にあります。新鮮なニュースや情報満載の飽きのこない紙面は、多数の読者を惹きつけ、そのことが広告の訴求力の高さにもつながっています。

さらに大きな特長は、発行エリア内の地域情報に絞り込んだ編集を行うというところにもあります。出来上がった紙面の8割前後を占めるのは近隣情報で、全国紙や全県紙の地方欄ではカバーされない超ローカルな話題ばかり。タウンニュースはこれらを丹念に取材し、無料で提供しています。

イメージ

「地域を知りたい」と
「地域に知らせたい」に応える

生活者が必要とする足元の"わが街"の情報は、意外にも入手するのが難しいのが現状です。総理大臣の言動は日々伝えられていますが、自分の住む街の首長や議会の動向はなかなか伝わりません。オリンピックでの日本人選手の活躍ぶりは気軽に目にすることはできても、町内大会での知人の熱戦は現地で観戦するしかありません。タウンニュースは、こうした「地域住民の知りたい」に応える媒体です。

地域のことはそこに住む人々によって解決していくという"地域主権"の考えや"地方創生"、"地域の再生"は、今や時代のキーワード。タウンニュースは、地域内の人と人、人と企業、人と行政、行政と企業を結び、地域情報の地産地消の媒介役を果たします。そして、それらを通し「地域の元気」や「地域の誇り」「地域の自治」の醸成を目指しています。

イメージ

タウンニュースがおすすめの5つの理由

  • ターゲットは
    〝地域〟
  • 確実に読者に
    届く新聞折込
  • 地域密着記者が
    原稿を作成
  • スピーディ
  • 掲載エリア選択が自由自在発行地区版一覧へ
one

ターゲットは〝地域〟知りたい地元の
情報が満載

イメージ

紙面の構成はクーポンチケットやショッピング情報だけを集めたフリーペーパーとは違います。例えば『トップ記事』は地域で一番大きな話題、タイムリーな話題を提供します。政治・経済・文化・スポーツ・教育分野までさまざま。タウンニュースは、家族・地域の皆に読んでもらえる地域の新聞。ターゲットは地域に住むすべての人です。

150名の記者が情報収集

イメージ

各地区版が地域に絞り込んだ紙面編集を行うことにより、それぞれの行政区で地域の新聞としての役割を担っています。幅広い読者層に対し、地域のニュースや生活情報、関心事など多彩な話題を提供し地域に愛されている媒体です。毎日150名の記者が担当エリアに張りついて情報収集。日刊紙には載らない"ネタ"が豊富に集まります。

two

確実に読者に届く新聞折込タブロイドサイズで
読みやすい

イメージ

紙面は朝日、毎日、読売、日経(一部エリア除く)の四大紙を主力に毎週または隔週折り込みで各家庭に無料で配布しています。定期的な新聞折り込みによる配布方法は、同日にしかも確実に読者に届く上、発行エリア内のほとんどの地域をムラなくカバーすることができるため、ポスティングや店頭置き、駅置きと比較して、読者の定着率が高いといえます。サイズは手軽さと適度な読後の充実感を両立したタブロイド判です。

three

地域密着記者が原稿を作成あなたの担当記者が
取材・撮影・原稿作成

イメージ

文章はお任せください。要点をお打ち合わせいただければ、記者が原稿を作成します。クライアント目線の発信ではなく、地域の特性・ニーズを良く知るタウンニュース記者による客観的な発信だからこそ、訴求力が高まります。

four

スピーディ最短3日で掲載可能

イメージ

一般的にタウン紙や情報紙に掲載する広告原稿の締め切りは発行日の10日以上前が多いと言われています。しかしタウンニュースは取材・原稿作成・DTP製作まで基本的に自社で作業しているため、締め切りは掲載号の5日前とスピーディ。条件が合えば、最短で取材日の3日後には読者の元へ紙面を届けることも可能です。

イメージ イメージ
five

掲載エリア選択が自由自在掲載内容もエリアに
合わせて変更可能

イメージ

47都道府県中2位の人口を誇る神奈川県。大都会の顔とともに産業、歴史・文化、観光資源など様々な特色を持つ。近代日本開国の地、横浜。世界的観光地である箱根、鎌倉。リゾート湘南には多くの若者が集い、丹沢の山並みが連なる県西部にはのどかな田園風景も広がります。タウンニュースは神奈川県全域と東京多摩地域の43版に204万部(187万部折込+7万部配架)を発行。お店の近隣地域・沿線など発行エリアを自由に選択し、内容や発行号もご都合に合わせて掲載できるので、ピンポイントの広告掲載で経費削減も図れます。

発行版一覧

タウンニュース発行概要

発行エリア 神奈川県全域・東京多摩地域(全43版)
発行部数 1,937,220部(1,865,970部折込配布+71,250部店舗・施設置き)※2021年7月現在
配布方法 朝日・毎日・読売・日経(一部エリア除く)の四大紙を主力とした新聞折込と発行エリア内店舗・施設への配架
発行日 毎週木・金・土曜日(一部地域隔週発行)
サイズ タブロイド判(406mm×273mm)
ページ数 2P~16P
通常締切日 発行日の5日前
媒体資料

お問い合わせフォーム

広告掲載のお問い合わせ

ご覧のタウンニュース、またはお近くのタウンニュース発行エリア

区分必須

例)123-4567

例)横浜市青葉区荏田西

例)2-1-3

例)045-123-4567

例)045-123-4567

【townnews.co.jp】ドメインの受信を許可してください

媒体資料

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須