メッセージタイトル

 当社は、1977年7月「いつの日か全国のまちにタウン号を走らせたい」との夢を持って、発行部数3万部の秦野版を、わずか5名でスタートさせました。以来、ゆっくりとした歩みではありますが着実に版を拡げ、2006年6月、神奈川県全域を網羅。同年4月にはジャスダック証券取引所に株式を上場いたしました。そして、創業40週年を迎えようとする今、従業員は220名超、版数は東京多摩地域3版を加え全48版、総発行部数は232万部を超えるに至りました。まさに隔世の感です。

 しかし、『地域新聞社として社会正義を尊び、報道を通してオピニオンリーダーたる社会貢献を果たしたい』『生活情報紙としての広告の伝達を通して地域の利便性と企業の発展に寄与したい』との思いは、創刊以来変わることなく、社員の間に脈々と受け継がれ今日に至っています。

 "地域の再生"が叫ばれる時代にあって、当社の社会的責任は今後ますます高まるでしょう。それゆえ、現状への満足は「進化」の道を閉ざします。創刊以来の高い志を引き受け「全国のまちにタウンニュースを」という壮大な夢の実現に向け、新しい仲間が当社の扉を叩いてくれることを切に願っています。

お知らせ