栄区版 掲載号:2017年1月19日号 エリアトップへ

栄区産のそばを堪能 地域の恵みを再認識

文化

掲載号:2017年1月19日号

  • LINE
  • hatena
小山内区長を指導する南條代表(左)と廣武さん(右)
小山内区長を指導する南條代表(左)と廣武さん(右)

 公田町荒井沢にある畑で収穫したそば粉を味わう「そば賞味会」が1月11日、本郷台駅前の「そば処深山」で開かれた。小山内いづ美区長もそば打ちに挑戦するなど、栄の人や自然などの恵みを再認識する機会となった。

 市が1992年に「ゆめはま2010年プラン」を打ち出したことを機に、区が翌年「荒井沢緑地の里山再生事業計画」を実施。この計画から誕生したのが、今回の賞味会で使われたソバを育てている荒井沢緑栄塾楽農とんぼの会(大中捷行代表)だ。

 同会の発足から20年を経て、創立時の成り立ちや行政との関わりを互いに再認識するきっかけとして、また昨秋に同地を視察した小山内区長の「荒井沢のそば粉で作った盛りそばを食べられたら素晴らしいですね」という声に、過去にも同会に場を提供したことがあるそば処深山の南條信之代表が協力。

 当日は小山内区長をはじめ区の職員7人、会員8人が参加。会員の廣武照明さんが直前に打ったそばを味わった。「香りが違う」など称賛の声が多く上がった。

 大中代表は「設立当初も今も区役所の支援と協力があってここまできた。今日は良い恩返しができました。これからも、よろしくお願いいたします」と感謝の言葉を述べた。

栄区版のトップニュース最新6

全校開始も、喫食率0.9%

ハマ弁

全校開始も、喫食率0.9% 教育

依然、完全給食求める声も

2月23日号

新大船商店街で初の朝市

新大船商店街で初の朝市 経済

県内約30店舗が一堂に

2月23日号

一般会計実質1.3%減

市新年度予算案

一般会計実質1.3%減 政治

子育てなどに投資

2月16日号

創部4年目ながらも躍進

飯島中柔道部

創部4年目ながらも躍進 スポーツ

新人戦県大会で準優勝者も

2月16日号

旧耐震基準宅を戸別訪問

横浜市

旧耐震基準宅を戸別訪問 社会

熊本地震受け啓発強化

2月9日号

スマホの使い方考えて

スマホの使い方考えて 社会

小学生集まり初のサミット

2月9日号