磯子区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

磯子まつり、9月28日に 風船500個飛ばしも

文化

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena
パレードには20団体が参加(写真は昨年の様子)
パレードには20団体が参加(写真は昨年の様子)

 毎年恒例の「第38回磯子まつり」が9月28日、区総合庁舎一帯と磯子センター・磯子地域ケアプラザ、土木事務所、産業道路沿いの磯子アベニューなどを会場に開催される。今回は、昨年復活したパレードが今年も引き続き実施されるほか、これまで屋内で開催されていたオープニングセレモニーを、屋外の産業道路上で行う。

パレード今年も

 磯子まつりは1974年、区制50周年を記念してスタートした。以降、区役所前を通る産業道路の一部を歩行者天国にして、区役所や磯子センターなどを含めた帯状の広い地域をまつり会場として、パレードなどが実施されてきた。

 パレードは2002年以降行われなくなっていたが、住民から長年続いていたパレードの復活を望む声が多数上がり、昨年、11年振りに復活。例年以上に多くの人が会場を訪れ、普段は歩くことのできない道路での練り歩きを見守った。

 まつりを主催する振興委員会(渡部近司委員長)では今年のキーワードとして、多くの子どもたちの参加を設定。パレードでは、横浜学園のチアチームや杉田劇場の杉劇リコーダーず、岡村小・岡村地区など4団体が新たに参加するほか、各団体の先頭に掲げられるプラカードも、地元ボーイスカウトの隊員たちが持つ。参加団体数も昨年より3つ多い20団体となる。

屋外で開会式典

 まつり冒頭のオープニング式典は昨年まで、磯子公会堂ホールで行われていた。今年はパレードも実施される区総合庁舎前の産業道路に会場を移して、午前10時から式典を開催する。

 市消防音楽隊によるファンファーレの演奏のほか、来場者やパレード参加者らが合図とともに500個の風船を一斉に空へと飛ばすイベントも実施。さらに、県警察広域緊急援助隊特別救助班の隊員が、区庁舎の屋上からのビル降下デモンストレーションを行うなど、屋外ならではの企画も執り行われる。

 また今回は、イベント全体を通して、まつりの名前がプリントされたタオル4000本が来場者らに先着で配られる。

健康フェスタは会場拡大

 磯子センターと隣接する地域ケアプラザでは、区健康づくりフェスタが開催される。

 こちらは昨年から磯子まつりと同じ日に実施されるようになった。初の同時開催となった前回は、多くの人が訪れ、会場内が大混雑。その教訓を踏まえ、今回はロビーだけでなく、会場を体育館にまで拡げる対策が取られた。

 当日は、体力年齢や肌年齢、手洗いがしっかりできているかといった測定ができるほか、健康やペットに関する心配事の相談、プロによるアイロンがけ実演、高血圧症に関する講演会などが行われる。

 そのほかにも、区役所1階から駐車場広場、磯子アベニューのエリアには、昨年の46を上回る52のブースが出店。施設紹介や啓発活動のほか、様々な食べ物や飲み物、雑貨などの販売、子ども向けゲームなどを楽しむことができる。

 公会堂では約30団体が出演し、ダンスや演奏、合唱など、日ごろの練習の成果を披露する。土木事務所では毎年恒例の「はたらくくるま大集合」、梅の種飛ばし大会は区庁舎1階ホールでそれぞれ開催。区役所と磯子センター、土木事務所を巡る循環バスや、4会場を回って集めるスタンプラリーも実施される。

産業道路で交通規制 9時30分から3時間

 パレードの実施に伴い、産業道路では昨年と同様、交通規制が行われる。

 封鎖区間は、北へと向かう上り車線では、磯子駅前交差点から磯子3丁目交差点までの約700m。南へと向かう下り車線は、禅馬交差点から磯子駅前交差点までの約2000mが対象となる。

 規制時間は、午前9時30分から午後0時30分までの3時間となっている。
 

磯子区版のローカルニュース最新6

「ヨコハマ土産」191品を認定

横濱001

「ヨコハマ土産」191品を認定 経済

市長賞、新規認定などお披露目

2月23日号

高田さん 県優良産業人に

欧風菓子フリアンドール

高田さん 県優良産業人に 社会

よこはまおやつなど販売

2月23日号

「食事は命を頂くこと」

根岸小特別授業

「食事は命を頂くこと」 教育

ホテル料理長が講師に

2月23日号

スポーツ功労者を表彰

スポーツ功労者を表彰 スポーツ

IHIで新春の集い

2月23日号

愛の電車が運行中

京急電鉄

愛の電車が運行中 経済

ホワイトデーまで期間限定

2月23日号

「商議所、今こそ活用を」

「商議所、今こそ活用を」 社会

南部支部 笠原支部長

2月23日号