磯子区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

はまぎん科学館 重力学ぶ「ビーコロ」新設置 宇宙発見室をリニューアル

社会

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
ビーコロで遊ぶ来場者
ビーコロで遊ぶ来場者

 はまぎんこども宇宙科学館(洋光台5の2の1)は、今月から4階の宇宙発見室をリニューアルし、新展示物として「ビーコロ」を設置した。

 ビーコロとは、からくり装置や仕掛けを連動させ動かし、ビー玉を転がすことで重力や遠心力など物理の原理を体感するゲーム。来館者が自らビー玉を転がし体験できる展示で、ビー玉の速度の違いや予想をしない動きを通して物理や化学への興味を起こさせる狙いがある。幼児から大人まで幅広い年齢層が遊ぶことができる。

 同科学館担当者によると、設置してから特に子どもたちが興味を持って遊ぶ姿が多く見られているという。週末となった14日には多くの家族連れが科学館を訪れ、宇宙発見室も賑わいをみせた。

 ビーコロを体験した、調布市から訪れた園児は「ビー玉が転がり、いろんな音が出て楽しかった」と感想を話した。