伊勢原版 掲載号:2014年6月20日号 エリアトップへ

睡蓮で絆強く 伊勢原高から財団へ感謝状

掲載号:2014年6月20日号

  • LINE
  • hatena
(左から)深川校長、廣田理事長、大津さん
(左から)深川校長、廣田理事長、大津さん

 市内で緑化活動を行っている(公財)伊勢原市みどりのまち振興財団の廣田悦男理事長と大津幸明さんが6月17日、伊勢原高校(深川伸一校長/820人)を訪問し、深川校長から感謝状を受け取った。これは学校の敷地内にある池に財団が睡蓮の植栽を行ったことへの感謝を伝えるもの。見ごろを迎えた水面の花は、学校と地域の絆を見つめている。

 昨秋、伊勢原高校の森幸男教諭(当時)が、正門近くにある池の水質管理を財団に相談したのが始まり。

 廣田理事長らは「田んぼの土を利用して睡蓮を池に植栽すれば水の浄化作用が期待できる」と提案。財団の主催で行われている「公園緑花まつり」に昨年から同校生徒が駐車場誘導ボランティアとして協力している縁もあり、財団では「恩返し」の意を込めて一肌脱ごうと決めた。

 財団は今年3月、大住台にある谷戸岡公園から株分けした睡蓮30株を池に植栽。鉢に入れる土は市内の園芸農家から無償で提供されたものを活用した。

 それから3カ月。現在、水面には蓮の花が咲いている。大津さんは「梅雨明けくらいまでが見ごろ」と話し、廣田理事長は「以前は見られなかったメダカも増えた。水質の向上がうかがえます」とうれしそうだ。 これに対し深川校長は「睡蓮によって強くなった地域との絆を大切にしながら、今後、生徒の地域参加をさらに深めたい」と笑顔で意気込んだ。

伊勢原版のトップニュース最新6

感染情報をWebで公開

東海大学開発チーム

感染情報をWebで公開 社会

市区町村単位で見える化

7月30日号

国交大臣から認定証

成瀬活性化委員会

国交大臣から認定証 社会

手づくり郷土賞受賞で

7月30日号

東京オリンピック出場へ

東京オリンピック出場へ スポーツ

伊勢原出身の4選手

7月23日号

まちの将来像 市民が議論

まちの将来像 市民が議論 政治

次期総合計画策定に向け

7月23日号

学生が観戦イベント考案

産業能率大学

学生が観戦イベント考案 教育

マネジメントの体験授業

7月16日号

市内8郵便局と連携

伊勢原市

市内8郵便局と連携 社会

4事業で包括協定締結

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter