伊勢原版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

健康のバトン 世代超え ママさんバレー連盟が40周年

スポーツ

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
歴代会長に花束を贈る選手たち(市体育館で21日)
歴代会長に花束を贈る選手たち(市体育館で21日)

 伊勢原市ママさんバレーボール連盟(宗照美会長)の40周年記念大会が2月21日、伊勢原市体育館で開かれた。当日は、市内8チームに所属する20代から70代の選手およそ100人が参加し、コート上で白熱の試合が繰り広げられた。大会に先がけて行われた記念式典では、多数の来賓と選手たちがママさんバレーの発展と一人ひとりの健康を祈念した。

 記念式典には高山松太郎市長、鈴木教之教育長、渡辺紀之県議らが駆けつけた。高山市長は「家事や育児をしながら40年間活動を続けてきたというのは、高齢社会の中でとても明るいニュース」とたたえ、伊勢原市民の健康増進とスポーツ振興にもつながる連盟のさらなる発展を期待した。

 当日は歴代の会長も多数出席し、選手から感謝の花束が贈られた。歴代会長たちが順番にあいさつに立ち、「ママさんバレーが今も続いていることをうれしく思います」、「昔は企業の体育館を借りて行っていた大会が、当時はまだなかったこの体育館で行われている。大きな歴史を感じます」などと祝辞を述べた。

 13代目となる宗会長は歴代会長や関係者へ感謝の言葉を重ね、「50年、60年と健康のバトンをつないでいけるよう、会員一丸となって精一杯活動してまいります」と決意を語った。

課題は会員増強

 伊勢原市ママさんバレーボール連盟の歴史は、1972年にさかのぼる。前身の「ママさんバレーボールサークル」が同年5チームで発足。市長杯や神奈川県家庭婦人バレーボール大会(やまゆり杯)など各種大会で切磋琢磨し、それぞれのチームがレベルアップしていった。74年には規約の見直しなどが行われ、8チームが所属する現在の連盟が誕生した。

 40周年を迎えた連盟には発足当時から現在まで現役を続けている選手がいる。河内トシ子さん(73歳/東大竹在住)と賀川雅代さん(同/池端在住)で、式典では2人の功労をたたえる記念品の贈呈も行われた。

 河内さんは「仲間と一緒に汗を流すことは楽しく、元気になれるからここまで続けてきた」と40年を振り返り、「今後もやれるだけやりたい」と意欲をみせた。 一方、試合ではハーフセンターを務める賀川さんも「バレーボールは足腰の強化に役立ちます。まだまだ現役を続けて健康を維持したい」と話していた。

 今後の活動については「会員増強が一番の任務。皆で良い汗をかきたいです」と宗会長。連盟では現在、選手を募集している。

伊勢原版のトップニュース最新6

コロナ下で集いの場提供

子育て支援センター

コロナ下で集いの場提供 社会

母親からの声受け実現

1月22日号

飲食店にアクリル板設置

大原町商和会

飲食店にアクリル板設置 経済

県の無償貸出事業活用

1月22日号

みんなで注意する年

大山

みんなで注意する年 文化

阿夫利神社で筒粥神事

1月15日号

救急車の適正利用を

市消防本部

救急車の適正利用を 社会

搬送者の約半分が軽症

1月15日号

配信のみで開催へ

2021年成人式

配信のみで開催へ 社会

1072人が門出

1月8日号

「コロナにまけるな!」

トランポリン堺亮介選手

「コロナにまけるな!」 スポーツ

地元商店などにエール

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク