伊勢原版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

大山阿夫利神社 勇壮な例大祭 8月27〜29日

文化

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena
勇壮な還幸祭・通称「おのぼり」(阿夫利神社提供)
勇壮な還幸祭・通称「おのぼり」(阿夫利神社提供)

 江戸時代から続く伝統行事、大山阿夫利神社(目黒仁宮司)の「秋季例大祭」が8月27日(日)から29日(火)の3日間、大山地区で行われる。夏山の無事を感謝するこのお祭りが、大山に夏の終わりと秋の訪れを告げる-。

 夏山が終わり、大山山頂へと続く登拝門が閉じられた大山。秋季例大祭は夏山の無事を喜び、大山中腹にある下社から神輿を町内におろし、大山6町(坂本町・稲荷町・開山町・福永町・別所町・新町)でもてなし、秋の豊作を願う伝統行事。祭りは、大山中興の祖と伝えられる権田直助初代社司の頃には、現在の形となっていたとされており、130年以上前から脈々と受け継がれている。

 初日となる27日は、阿夫利神社下社から神輿を担いで男坂をくだる遷幸祭・通称「おくだり」が行われ、大山ケーブル駅をすぎたころからは、神輿を中心に総勢150人を超える大行列となり、ゆっくりと大山の6町を練り歩く。

 祭りのメーンとなる28日は、大山阿夫利神社社務局・能楽殿で県の無形文化財にも指定される「倭舞・巫子舞」の奉納(午前10時半)、能舞台での神事能演能、夜には各町内の神輿渡御が盛大に行われる。

 最終日となる29日は還幸祭・通称「おのぼり」。神事を終えて大山の神様を乗せた神輿は、午後1時頃には社務局を出発。行列は初日と同じく、男坂を登って下社へと戻っていく。

 同神社の目黒久仁彦権禰宜は「130年以上続く、大山を形づくるお祭り。年に一度、山の上から神様が大山の町に下りてきます。ぜひ身近で伝統を感じてほしい」と話す。

150人以上が街を練り歩く
150人以上が街を練り歩く

伊勢原版のトップニュース最新6

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

防災情報など地図表示

伊勢原市

防災情報など地図表示 経済

国交省のシステム活用

11月12日号

東日本大会に出場へ

軟式野球伊勢原クラブ

東日本大会に出場へ スポーツ

市内5中学の選抜チーム

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook